page_top
人気記事ランキング

自分の理想を実現へ。キャリアパスを設計しよう!

JENNIE 編集部
2019年12月18日

企業の面接で「あなたのキャリアパスは?」という質問をされることも多くなってきました。キャリアパスについて考えることは、将来のキャリアを考えるための有効な手段でもあります。今回は、キャリアパスの考え方や設計方法について解説します。

キャリアパスとは?

キャリアパスとは、将来、自分がどの方向に進んでいくのかを見据え、それに必要なキャリアと順序を意味します。自分の理想を実現させるために、どのようにしてキャリアを積んでいくのかをその順序も含めて具体的に考えていくということです。他人に認められるためのものではなく、自分自身の人生や仕事においての満足度を高めるための設計だと言えます。一般的な成功とは分けて考え、自分がどんな仕事に就いてどんな人生を送れたら幸せかを考えるための設計であると捉えると良いでしょう。

キャリアパスの必要性

自分の将来を考えるために重要なキャリアパスですが、メリットとデメリットをしっかりと把握する必要があります。キャリアパスを設計するメリットとして挙げられるのは、自分の目標通りの仕事を実現できる可能性が高まるという点です。キャリアを逆算して考えることで、自分が何をするべきなのかを具体的に、かつ現実的に考えられるようになります。また、キャリアアップにつながるため、長期的に見て収入アップの可能性が高まり、経済面での向上を目指すことも可能です。さらに、ゴールを明確に設定することでモチベーションが高まり、仕事に対する積極性も生まれてきます。そのやる気が会社に伝われば大きな仕事を任されるなどのチャンスにもつながるでしょう。
一方、デメリットとなるのが、キャリアに必要なスキルを身に付けるために一時的に収入が落ちるリスクがあるという点です。目標を絞り込み過ぎて選択肢が狭まってしまったり、チャンスを逃してしまったりするリスクもあります。また、自分で設計したものは、その道筋が間違っていても気付きにくいものです。設計したキャリアパスが自分に合わないなど、何かの都合で閉ざされてしまった場合のショックも大きく、次の選択肢を見つけにくい場合も考えられます。

キャリアパスを設定するために

それでは、キャリアパスはどのようにして設計すると良いのでしょうか。キャリアパスを設定するために必要な3つの要素について説明します。
・自分にとっての明確なゴールを定める
目指すゴールがなければ、どのようにして進んでいけばいいのかがわからなくなってしまいます。今、特にやりたいことがない人は、将来の自分がどのような人間でありたいかを考えると良いでしょう。また、一般的なゴールを定めたのでは困難やリスクに遭遇した場合、モチベーションが保てずに挫折する可能性が高くなってしまいます。自分のためのゴールを設定することが大切です。
・自分に合った業務を把握する
どんなに立派なゴールを考えていても、自分に合ったものでなければゴールにたどり着けません。好きではない、あるいは向いていない業務を継続させるのは辛いものです。高収入や企業の規模に惑わされず、自分がやりがいを持って取り組める業務を把握する必要があります。具体的に思い浮かばない人は、他人より得意な業務や、それまで行ってきた業務のなかでやりがいを感じたものを中心に考えると良いでしょう。
・転職や就職の市場を把握しておく
企業が何を求めているのかを把握することで、自分がどんな経験を積み、スキルを身に付ければいいかがわかります。自分のキャリアパスに沿ったスキルを身に付けることで企業に評価され、転職や就職に有利に働きます。求人票などを見ると実際にどのような経験やスキルが優遇されるのかが書いてあるので、自分が就きたい職種を見るとより具体的な道筋が見えてくるでしょう。

ーまとめー

キャリアパスを設計すると、自分にとって何が必要か、ということが具体的に見えてきます。それまで漠然としていた将来がより現実的に見えてくるものでもあります。なりたい自分に近づくためにキャリアパスを設計してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。