page_top
人気記事ランキング

マネジャーの転職を成功するために

JENNIE 編集部
2019年12月11日

40代は年齢上マネジメントを行う立場になる場合が多く、転職は難しいと言われます。一方でチームをまとめ上げる力を持つ人材を必要としている企業はたくさんあります。そこで、40代のマネジャーが転職を成功させるために必要な能力や方法についてご紹介します。

マネジャーの仕事とは

マネジャーとはいわゆる管理職のことで、一般的には課長や部長、とき係長なども管理職に含まれます。マネジャーの役目は、まず会社の戦略を理解したうえで、求められる成果を明確にすることです。そしてその成果を達成するために、チームとして部下をまとめ、同じ目標に向かって業務を遂行します。マネジャーは業務の構想から進捗管理、業務の見直しなど、業務が滞りなく進むよう目を配ることが仕事でもあります。また部下を育成することもマネジャーの役割です。成果を上げるためには部下の力がなくてはなりません。そこで部下一人ひとりの能力をアップさせることによって、業務の質も上がり、結果としてより成果の達成に近づくのです。そして、部下の評価や査定も行い、モチベーションを向上させる役割もあるのです。
しかし、会社の規模によって役割は多少異なります。たとえば、中小企業では従業員の人数が比較的少なく社長との距離も近いため、社長があらゆる事柄を決定する場合があります。そのため管理職の負担は軽く、プレイやーとしても活躍する場合が多いです。そのため新たな発想力や柔軟な考え方が必要となります。一方、大きな規模の会社は従業員が多く、部署も多岐に亘るため社長一人では管理ができません。そこで管理職に権限を与え、会社のルールの沿った判断を任せるのです。

マネジャーの転職は難しい?

マネジャーの転職は簡単ではないとは言えます。それは、すべての求人のうち2割程しかないマネジャーの求人のなかから、業種や待遇など自分の希望に合致する企業を見つけ出さなければならないからです。企業にとってはある程度経験の豊富な40代の人材を採用するのですから、即戦力のある人が欲しいと考えるのは当然です。部下や上司から信頼され、リーダーシップのある人は求められています。そのためある程度の管理職の経験は必要となるでしょう。さらにプラスアルファの能力を備えていることも必要です。チームの問題点を解決する能力であったり、チーム内の雰囲気をよくする能力であったり、そのチームによって求められる能力は異なるかもしれませんが、チームを管理する経験の有無は大きく関係します。
ですので、経験と能力を持ち合わせている人であれば、転職は決して難しくはないと言えるのではないでしょうか。

資格取得のすすめ

いくら経験と高い能力を持っている人でも、これまでのやり方が通用しない場面に遭遇するかもしれません。そのような場面で、マネジメントについて勉強することの必要性を感じるかもしれません。経験を通して学んでいくという方法もありますが、やはり転職で即戦力が必要となるため、あらかじめマネジメントについての知識を持っていることは大きな武器になり得ます。そこでおすすめしたいことが、資格の取得です。世の中には、マネジメントに関する資格があります。資格を取得するために勉強することで、マネジメントの知識が頭に入ります。また資格を取得することで、面接時や選考時に有利になるでしょう。マネジャーの転職において選考は、経験とスキルを知ることはできても実力を見極めることは難しいものです。資格があることで、少なくとも指標になるのではないでしょうか。

ーまとめー

40代での転職を成功するには、前職で管理職を経験していることが最低限必要かもしれません。そして新しい職場で活躍するために、マネジメントを学習しておくなど、できるだけ早い段階で準備しておく必要があるでしょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。