page_top
人気記事ランキング

意識改革が重要!定年後も活躍するために

JENNIE 編集部
2019年11月22日

人生100年時代はすぐそこまで来ています。しかしまた深刻に考えたことがない人もいるのではないでしょうか。そこで人生100年時代に向けて、私たちはどのような準備をすれば良いか一度考えてみましょう。

人生100年時代はどんな社会?

人生100年時代という言葉は、イギリスのリンダ・グラットン教授の著書である「ライフシフト」のなかで提唱されたものです。寿命が100歳を超えることが当たり前の時代が到来するということ。100歳まで生きるためは、これまでの人生モデルは覆されるということが含まれています。
日本人の平均寿命は、2018年における厚生労働省の調査によると、男性81.25歳、女性87.32歳といずれも過去最高になりました。年齢が100歳を超える人は、1980年には1,000人以下でしたが、2012年時点では5万人を超え、50倍以上に増えています。過去のデータから10年ごとに寿命が2年延びていることもわかっています。今後平均寿命はさらに延び、人生100年時代はあっという間に到来するかもしれません。
人生100年時代に向けて、日本政府も動き出しています。2017年から数回に渡って「人生100年時代構想会議」が開催され、対策が議論されました。
これまでの60歳で定年退職し、退職後はのんびりと隠居生活という考え方は、人生100年時代では通用しなくなると考えます。理由には、定年後の経済的不安があるからです。定年後は収入が無くなるため、年金や貯金を利用して生活することになります。今後年金の受給開始年齢の引き上げや、少子化によって受給額が下がることが予想されます。また年齢を重ねるにつれて医療費が増大することも考えられます。定年後の30年以上続く人生を安心して過ごすためには、やはり自分で収入を得ることが重要となるのではないでしょうか。

意識改革が必要な理由

企業では雇用が65歳まで延長されるようになっています。さらに70歳まで延長する企業も増えるでしょう。高齢者の労働力は期待されており、実際に60歳を超えても働く人口は増えています。
ところが働きたい高齢者が多数いるにも関わらず、仕事を得られていない人もなかにはいることも事実です。その理由には、企業と高齢者自身の意識の低さにあると考えられます。高齢者が活躍できる社会とするためには、どちらも意識改革が重要となってくることでしょう。
働きたい高齢者に対する市場はまだ大きいものではなく、働きたいという意志を持つ人が全体の65%いることに対して、仕事を得た人は45%前後でした。20%の差を埋めるためには、企業が努力する必要があります。定年延長や定年の廃止、再雇用などの検討、また、再就職先の支援や起業への資金提供など働く意思のある人が働けるようにする努力が必要となります。また高齢者自身、心も体も若い人が多いことから現役のときと同じように働けると思っている方も多いです。しかし、仕事を得るためには、考え方を変えることが重要となってきます。新しく知識を得たり、副業を始める準備をしたり、起業することは年齢に関係なくすることができます。高齢者自身が新しい人生設計をすることが大切なのです。

定年後も活躍するには

まずは健康の維持です。健康でなければ仕事はできませんね。当たり前のことですが、早寝早起きとバランスの良い食事を心がけましょう。介護をされないことをひとつの目標とするのも良いかもしれません。
現役時代に活躍してきたように、自分はまだできると思われるかもしれません。実際にそうでも、やはり同じように働くことは難しいと頭を切り替えることは大切です。報酬についても同じです。働きたい理由には、生活のためはもちろんですが、やりがいを感じたいと答える方も多数います。社会の役に立っていると実感できる仕事はたくさんあります。
やりたい仕事に就くには、活用できる資格を予め保有しておくことは大きな武器になります。また、現役世代とのコミュニケーションが取れたり、求められる業務が遂行できたりする能力は必要です。これまでの肩書きは一度忘れて、新人から始める覚悟を持ちましょう。

ーまとめー

人生100年時代を生き抜くためには、早い段階での人生設計が必要となりそうです。高齢者の労働力は必要とされています。自分にとってやりがいのある仕事を、自分で行動して獲得するようにしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。