page_top
人気記事ランキング

転職を成功させるために。嫌われやすい人の特徴は?

JENNIE 編集部
2019年10月17日

転職をしたとき、多くの人が不安に感じることが人間関係です。人間関係によるストレスを減らし、新しい職場で快適に働きたいですよね。こちらでは新しい職場に馴染むためのヒントをご紹介します。

転職先で嫌われやすい人はこんな人

職場で嫌われやすい人には特徴があります。特徴を知っておくことで、転職先での行動や言動を変えることができるかもしれません。

1.前の会社のやり方を押し通す
新しい職場の方針や、同僚からのアドバイスを無視して、前の職場のやり方や自分のやり方を押し通すことは、新しい同僚からはあまり良く思われません。新しい職場の一員となったのですから、方針に従ってやってみるようにしましょう。前の職場のやり方よりも効率が良い場合もあるのです。

2.質問をしない
前の職場でのキャリアから、知っていないと思われるのは恥ずかしいという気持ちで、質問しづらいことがあります。また仕事の邪魔をしては申し訳ないと、遠慮してしまい質問できない場合もあります。質問をしないでわからないまま進めてしまうと、あとでさらに大きな問題を生んでしまう恐れがあります。転職直後は、たくさん質問をするチャンスです。わからないことは積極的に質問しましょう。そこから会話が弾むこともあるかもしれません。

3.自慢話が多い
新しい職場での自己アピールは大切ですが、強すぎる自己アピールは控えたほうが良いでしょう。前の職場での経歴を自慢ばかりすることは、聞いている人にとってはあまり気持ちよいものではありません。転職先では謙虚な姿勢で、相手の話に耳を傾けることから始めると良いでしょう。少しずつ自分の考えを盛り込んで発言していくことで、相手にもすんなりと受け取ってもらえるのではないでしょうか。

職場で好かれている人の特徴

つぎに職場で好かれる人の特徴をご紹介します。好かれる人の行動はぜひ真似したいですね。

1.素直な態度
上司や同僚からのアドバイスを、素直な態度で受け取ることができる人です。素直な気持ちを持つことで、自然と感謝の言葉も出るものです。いただいたアドバイスを生かそうとする態度も大切です。

2.率先して動ける
自分にできることを率先して見つけて行動する人です。行動力のある人にはついて行きたくなりますよね。後回しにされがちな仕事を率先してやってみることで、周りの目が変わるかもしれません。

3.笑顔で挨拶
笑顔は相手の気持ちを和ませます。笑顔の多い人は自然と人から好かれ、ポジティブな印象も与えます。笑顔で自分から挨拶することを、すぐにでも実行してみてはいかがでしょうか。

転職先で馴染むためのポイント

まずは第一印象が大切です。一度持たれた印象は、なかなか変えづらいものです。はじめに良い印象を持ってもらうためにも、自己紹介では笑顔で元気良く挨拶するようにしましょう。そして顔と名前を覚えてもらえるように、積極的にコミュニケーションを取ることで職場に馴染みやすくなります。
自慢話はほどほどにし、学ぶ姿勢があることをアピールすることも大切です。できることが少ない転職直後でも、できることはあるはずです。遠慮せずに、自分から仕事を見つけて行動することも馴染むためのポイントです。
わからないことはどんどん質問することで、信頼関係も築けます。また「報告・連絡・相談」は仕事をする上では基本です。壁を作ってしまうのではなく、自分から声をかけるようにする努力が必要です。職場には暗黙のルールというものがある場合があるので、同僚に確認してみることをおすすめします。思いがけず話が盛り上がるかもしれません。

ーまとめー

職場に限らず相手の気持ちを考えず、自分本位な行動をしている人は嫌われやすいものです。積極的に行動し、新しい職場の一員であるという気持ちがあれば自然と馴染めるかもしれませんね。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。