page_top
人気記事ランキング

クラウドソーシングの不安を解決!初めてから始めてみよう

JENNIE 編集部
2019年06月19日

インターネットが発達した現在では、働き方も多様化しており、家のなかでできる仕事も増えています。クラウドソーシングという言葉も、聞き慣れてきたのではないでしょうか?ですが、在宅ワークを始めるときには、色々と不安なことが多いですよね。

今回は、クラウドソーシングの仕組みやメリット・デメリットを、在宅ワーク経験者が実際にご紹介します。

そもそもクラウドソーシングとは?どんなメリットがあるの?

まずは、クラウドソーシングとは何なのかをご紹介しましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を頼みたいクライアントと、仕事を受けたいワーカーを結びつけるサービスのことです。このサービスのおかげで、インターネット環境さえ整っていれば、日本全国どこからでも在宅ワークを探すことが可能です。サイト上で気になる仕事に応募し、契約が完了したら仕事を始めることができます。

納品が完了し、クライアントから承認をもらうと、報酬を受け取る仕組みです。クライアントと自分の間に仲介業者が入っているので、仕事をしたのにも関わらず報酬がもらえなかったというリスクが減り、安心して仕事ができます。

実際にクラウドソーシング上で仕事をするメリットは、自分の時間に合わせて仕事ができることです。まだ小さい子どもがいると、どうしても外で働くには条件が合わなくなってきます。しかし、在宅ワークならば、子どもが寝ている間のわずかな時間でも仕事ができるのです。

また、在宅ワークとして思い浮かぶ仕事は、記事を執筆したりデータを入力したりといったものでしょう。しかし、クラウドソーシング上には、イラスト作成やアドバイザー、電話相談など、さまざまな仕事があります。そのため、自分の得意なこと、好きなことで報酬を得ることも可能です。

クラウドソーシングのデメリットも知っておこう

在宅ワークに便利なクラウドソーシングですが、良いことずくめというわけではありません。きちんと注意点も理解して、サイトを使いこなしましょう。

まず、クラウドソーシングがクライアントとワーカーを仲介してくれるため、仕事の受注や報酬の受け取りに対するトラブルは減ります。しかし、その分手数料として、報酬から決まった割合を差し引かれます。そのため実際にもらえる報酬は、提示されている額から手数料が引かれた金額です。

また、サイト上には豊富な案件が掲げられていますが、報酬の低いものも多くあります。報酬が低いものは特別なスキルも要らない簡単な仕事が多いため、最初のうちは慣れるためにも受けると良いでしょう。しかし、単価の低い仕事ばかりやっていては、なかなか稼げません。ある程度の金額を在宅ワークで稼ぎたいのならば、徐々に報酬の高い仕事にもチャレンジする必要があります。

スキルアップや実績を積んでいくことでスカウトが届き、単価の高い仕事を受けることもできようになります。そのため、報酬単価に関しては、自分の努力次第でデメリットではなくなるでしょう。

初心者はどういう案件から始めたらいい?

在宅ワークのメリットとデメリットが分かったところで、続いては初心者におすすめのクラウドソーシングサービスをいくつかご紹介しましょう。

やはり大手で有名なサービスである「クラウドワークス」や「サグーワークス」などは、仕事の案件も種類も豊富でおすすめです。そのなかでも最初は、簡単な作業で仕事ができるタスク案件や、500文字以内の短い記事作成からスタートすると良いでしょう。大手のサービスに比べると案件の量は少なくなってしまいますが、ワーカーを主婦に特化した「Shufti」もあります。こちらはパソコンを使った仕事だけでなく、シール貼りや代筆などの内職作業も扱っています。

ーまとめー

クラウドソーシングサービスの仕組みを、メリットとデメリットを合わせてご紹介しました。サービスによって取り扱っている案件の種類が異なるため、自分のやりたい仕事を多く扱っているサービスを見つけて、仕事を探すのがおすすめですよ。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。