page_top
人気記事ランキング

転職に有利。ヒューマンスキルを向上させよう!

JENNIE 編集部
2019年04月02日

転職で有利になるためには、資格を取ったり勉強したりすることが第一に思い浮かぶのではないでしょうか。もちろん資格や特別な知識を持つことはとても大切な要素です。ところが、企業が求めていることは、別の視点であったりするのです。

今転職で重要視される「ヒューマンスキル」は、どんな仕事でもきっと役に立つに違いありません。

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキルとは、人物面での評価、つまり学歴や資格では表せないその人の持つ「人間力」のことです。履歴書には書き表せないため、面接ではヒューマンスキルを見極めることに注力されています。

例えば、人とのコミュニケーション能力や職場への馴染みやすさ、協調性など、仕事をする前に必ず必要となる能力が、大きく評価されるようになってきました。また仕事への向上心や忍耐力、あらゆる変化への迅速な対応力など、仕事の成果や職場の雰囲気にも、重要となるものです。

とくにヒューマンスキルが必要とされるのは、中間管理職といわれる人たちです。部署をまとめ上げたり、顧客との円満な関係を作ったりするためには、コミュニケーション能力はとても重要です。企業のトップや部下など、さまざまな立場の人と仕事を進められる力が必要なのです。ヒューマンスキルが発揮できてこそ、スキルや資格がさらに活かせるのです。

企業が求めるヒューマンスキル

では企業が求めるヒューマンスキルには、具体的にどんなものがあるのでしょうか。

1.ヒアリング力
相手の話をしっかりと聞き、その内容を理解する能力です。相手が発した言葉の直接的な意味はもちろん、その奥にある本音に気づく能力も必要です。

2.ロジカルシンキング
物事を論理的に考える能力です。問題解決能力ともいえます。問題が起こったときに、それらを整理し解決方法を導き出せるかどうかです。

3.交渉力・説得力
対立する意見であったとしても、相手の要望とこちらの要望をうまくまとめ上げ、効率的に仕事を進める能力です。

4.プレゼンテーション能力
伝えるべき内容を、的確に伝える力です。話を順序立ててわかりやすく説明したり、人を惹きつける話し方ができたりすることです。

5.リーダーシップ
組織のメンバーをまとめ、皆が同じ目標に向かって進めるように統率する力です。

6.向上心
今よりもさらに上を目指す気持ちです。上司自身が成長する様子を示すことで、部下の気持ちが変化することもあります。

ヒューマンスキルを磨く方法

ヒューマンスキルの重要性が理解できたところで、どうすればヒューマンスキルは磨けるのでしょうか。ヒューマンスキルを身につけ向上させていくには、4つの理解力が必要といわれています。

1.状況への理解力
所属部署に求められていること、部署がどのような状況にあるのか、を理解する力です。組織の中での自分の立ち位置まで理解し、何をするべきか適切な判断ができる力も必要です。

2.人間への理解力
組織のメンバーを同じ目標へ向かう仲間として、お互いの良い面も悪い面も受け入れ、指摘し合い気持ちを高め合えるような関係を築ける力です。

3.自分への理解力
自分の気持ちを理解できていれば、人の意見や気持ちを素直に受け取ることができます。自分の気持ちに対して素直にいられると、心の健康にもつながります。

4.他人への理解力
相手の気持ちを理解する力です。相手に興味を持って、行動や発言に注目してみましょう。そして感じたことを相手に伝えることで、自分への刺激になると同時に、相手を肯定し受け止められる能力が身につきます。

ーまとめー

ヒューマンスキルは、すぐに身につくものではありません。自身の成長があってこそ磨かれ、向上していきます。まずはしっかり相手の話を聞くことから、意識して始めてみてはいかがでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。