page_top
人気記事ランキング

転職でアピールしたい、持っているスキルと隠れたスキル

JENNIE 編集部
2018年11月06日

みなさんは転職について考えた経験はありませんか。今働いている会社への不満や将来への不安から、転職を考えることもあるでしょう。ほかにも自分の力を他でも試してみたいなど、理由はさまざまです。一方で転職を考えても、自分にはスキルがないからと、実行に移せない人もいるようです。

そこでこちらでは、転職の際に必要なスキルについて、具体的にお教えします。

スキルは必要?

転職にスキルが必要かと問われるならば、必要であることに間違いはありません。しかし重要なことはスキルの内容です。企業や組織は、即戦力を求めています。即戦力として採用されるためには、経験することによって得られた知識や技術が必要なのです。新しい職場で使えるスキルであるかどうかです。ではどのようなスキルが求められているのでしょうか。代表的なスキルをご紹介します。

まずは、英語や中国語などの外国語が使えることが有利だということは、みなさんご存知ではないでしょうか。ほかにも、プログラミングも代表的なスキルのひとつです。会話する能力も、営業などで売り上げを伸ばすためには必要なスキルですね。

スキルはもちろん大事ですが、実際にはスキルは判断材料のひとつであり、スキルの有無だけによって選考されることは多くはありません。同じように、その人の人間力が重視されるのです。スキルがあるからといって、それだけに頼って自己アピールすることは注意しましょう。新しい職場で通用しないスキルを大きくアピールすることは、逆効果となる場合があることもあるのです。

コミュニケーション能力も立派なスキル

立派なスキルを持っていても、それを相手に伝えるコミュニケーション能力がなければ役に立ちません。相手にアピールするときにも、納得してもらえる伝え方ができると良いですよね。そのため、円滑に仕事をしていくなかで、コミュニケーション能力は持っておきたい能力のひとつといえるのです。

コミュニケーションが苦手と感じる人もあきらめる必要はありません。日頃から少しずつ意識することで、身につけることができるものです。持っているスキルを発揮するためにも、コミュニケーション能力は大きな助けになるでしょう。

同時に「一緒に働きたい人」と思ってもらえることが、選考に左右します。いくら優れたスキルを持っていても、一緒に仕事をしたいと思われなくては、採用の可能性は低いと考えられます。気持ちよく会話ができる能力に合わせて、仕事としっかり向き合う姿勢を持っていることも重要なのです。成長が期待できる人材と思ってもらえることは、転職の近道かもしれません。

スキルが足りないと感じたら

コミュニケーション能力も含めて、自分にはスキルが足りないと心配になる人もいるかもしれません。しかし、自分では気づかないスキルがあるかもしれません。人から見ると魅力的なスキルを持っていることもあります。このように自分で気づくことは難しいものなのです。

今の職場では当たり前のことが、新しい職場では必要なスキルである可能性もあります。今まで仕事ときちんと向き合ってきた分、身についているものはきっとあるはずです。

入社当時を思い出してみましょう。今と比べるとどうですか。できるようになったことが、ひとつはあるのではないでしょうか。どんなに小さなことでも良いのです。振り返って、できるようになったことを棚卸ししてみてはいかがでしょうか。

さらに、チャレンジするという気持ちが大事ということを忘れないようにしましょう。自分のスキルに自信がなくても、勇気を持って転職活動することが大切なのです。あなたを必要としている会社はあるはずです。

ーまとめー

人と違うスキルや新しい職場で役立つスキルがあることは、有利です。それと同じぐらい人間力が見られるということを忘れずに、勇気を持ってチャレンジする気持ちが必要です。あなたを必要としている職場と出会えると良いですね。

人気の記事

あわせて読みたい