page_top
人気記事ランキング

社長になりたい人必見!社長に必要なスキルや小資金で起業する方法

JENNIE 編集部
2018年06月05日

子どもの頃、大きくなったら社長になりたい、と夢を見ていた人はいませんか?誰かの下で理不尽なことを我慢して、窮屈な思いをしながら働くのはもう嫌だ。もしも自分が社長だったら。そんな風に考えたことがある人もいるかもしれません。

こんな会社をつくって、こんな風に仕事がしたい、と、具体的なアイデアがある人もいるでしょうか。では、社長になるためには、どんなスキルが必要で、どうしたらいいのでしょうか。

社長になる方法をご紹介します。

社長になるのは簡単?

実は、起業して社長になるだけであれば、一人経営というやり方もあるので誰にでもできます。

会社をつくること自体は難しくありません。しかし、重要なのは、そこからどうやって継続していくか、順調に売り上げを伸ばして会社を大きくしていくことができるか、存続していくことができるのかということ。呼称だけでなく、真の社長になるためには、強い気持ちと信念が必要です。

社長に求められるスキルや資質とは

それでは、社長に必要なスキルとは何なのでしょうか。

一番に必要なのは、強いメンタルです。会社の代表であり、大きな決断をすることもあれば、問題が起これば自分が盾になって会社を守らなければならないこともある社長は、度胸がなければ務まりません。また、仕事の交渉では、相手の要望を聞くだけではなく、きちんといいたいことも伝えなければなりません。

うまくいかない状況に陥ったときも、すぐに前向きな対応を考えて行動に移す、強い心が必要なのです。そして、すべてにおいて完璧を求めるのではなく、寛容さを持つということも大事で、ある程度は社員を信頼して任せることができる寛容さが、自分にも社員にも必要になります。

また、会社を経営していくうえで、数字を扱わなくてはならないことはとても多く、経営状況を把握し、的確な判断をするためにも、数字に強いことは有利です。さらに、世の中の動きに注視し、マーケティングの分析を行いながら、ビジネスチャンスが訪れたと感じたときに、すぐに行動に移せるフットワークの軽さも重要です。

じっと何かに熱中するよりも、興味を感じたことに対してすぐに行動を起こせる人の方が、社長には向いています。そして、ビジネスにおいて大事なのは人脈。仕事以外でも、常に人脈を広げるように心がけをしている社長さんが多いようです。

仕事を成功させるうえで、コミュニケーション能力も不可欠で、挨拶をしっかりすることや相手の話をしっかり聞くことは基本的なようでいてとても重要だといえます。

少ない資金で起業して社長になるには

アイデアもあるし経営のビジョンもあるけれど、資金がなくて起業できない、と思っている方もいるかもしれません。資金が少なくても起業できるビジネスはあります。営業代行は、企業で扱う商品やサービスなどの商材を、自分の会社でターゲットに販売する方法です。実際に購入してもらうためにさまざまな営業手法を使います。

また、集客代行は、企業の商品やサービスを広く周知、集客するためにチラシやティッシュ配りなどを行ったり、ホームページなどでネット集客を行ったりするものです。ネットショップも、最初に商品を仕入れる、またはつくる資金があれば、それほど多額の資金がなくても起業することができます。

ただ、在庫を抱えてしまったり、顧客に商品が届くまでに時間がかかり、その間にキャンセルなどが起こってしまったりということもあるなど、リスクもあります。在庫がない、あるいは少ないもの、利益率が高いもの、毎月定期的な収入が確保できるものを念頭に置いてビジネスをはじめると良いでしょう。

ーまとめー

社長になろう、起業してみようと思われている方は、まずは社会情勢に目を向け、国や経済の状態など、さまざまな情報を収集することからはじめてみましょう。自分を取り巻く情勢を知ることで、ビジネスのアイデアやヒントを得られるかもしれません。未来の社長に向けて、一歩を踏み出してみましょう。

人気の記事

あわせて読みたい