page_top
人気記事ランキング

初めての転職で新しい会社での働き方で注意するべきポイントとは

JENNIE 編集部
2018年05月31日

転職することを決め、新しい仕事へチャレンジしようとされている方がいらっしゃるかもしれません。今までの職場との働き方の違い、環境の違いに不安に思うこともあるでしょう。初めての転職ともなればなおさらです。

そこで転職先での働き方で注意しておきたいことを具体的にご紹介します。

前の会社のやり方を持ち込まない

会社によって仕事の進め方や方針が違うことはよくあることです。仕事をしていく中で、前の会社との違いに戸惑う場面に直面することもあります。いくら前の会社のやり方が効率よく優れていると感じても、まずは転職先の会社のやり方に沿ってやってみるようにしましょう。

前の会社のやり方で推し進めようとしたり、新しい会社のやり方を否定的に言ったりすることは、新しく同僚となった人にとってはあまり納得できることではありません。今までやってきたことを否定されるような気持ちにもなります。

一度新しい会社のやり方を受け入れて合わせてみることで、職場に慣れ、さらには同僚からも受け入れてもらえることにつながります。仕事の進め方を変える機会は、その先にあるかもしれません。

わからないことは質問する

わからないことが恥ずかしい、知っていて当たり前だと思われたくないという理由から質問できない人も多くいるようです。

前の会社で積み重ねてきた経験も多く、プライドもあるかもしれません。しかし、新しい環境では知らないことがあることはだれでも当たり前にあることです。たとえばものの置き場所や設備の使い方は、はじめに確認しておく必要があります。仕事の中でも、疑問に感じたりわからなかったりすることはどんどん質問していきましょう。

転職してすぐはたくさん質問できる良いチャンスです。わからないまま自分の判断で進めることは、ミスにつながり、さらには信用問題にもつながってしまいます。相談や質問をしながら仕事に取り組み、アドバイスを素直に受け止める気持ちを持つことで同僚との距離も近づくことでしょう。積極的に質問する姿勢を見せることでやる気を感じ取ってもらえるかもしれません。

社風や社内ルールに合わせる

社会人として挨拶を欠かさないことやルールを守ることはとても大切です。しかし会社によっては暗黙の了解でさまざまなルールが決まっていることがあるので、知っておいたほうが良い場合があります。

たとえば服装や、電話やメールの送り方です。ほかにも出勤時間や休憩の取り方などルールはさまざまです。自分自身のスタイルを保つことはもちろん大切ですが、まずは新しい会社の社風や社内のルールを尊重して従ってみましょう。

ルールについても、新しい会社の同僚に自分から積極的に聞いてみることで、同じ会社の仲間として認識してもらえることで馴染みやすくなります。また仕事の進め方もスムーズになるかもしれません。

自発的に仕事を覚える姿勢を持つ

先ほど職場のルールに合わせることをお話ししましたが、職場に馴染もうとするあまり受け身になりすぎることも注意が必要です。

教えられたことだけをする姿勢では、消極的ととらえられてしまう場合もあります。率先して行動したり、自発的な行動を見せたりすることが大切で、新しい会社のパンフレットやホームページを見て自ら勉強することも良い方法です。

転職した直後は任せてもらえる仕事が少なかったり、今まで経験したことのない業務を任されたりすることもあります。そんなときでもできることをみつけてどんどんチャレンジしてみるようにしましょう。

ーまとめー

転職先で、自分のことをアピールし、知ってもらいたいという気持ちになることがあると思います。少し立ち止まってみて、まずは何事においても自分から積極的に動く姿勢を示してみましょう。仕事をしていく中で、あなたのアピールポイントは自然と伝わっていくのかもしれません。

人気の記事

あわせて読みたい