page_top
人気記事ランキング

在職老齢年金って何?セカンドキャリアはマイナスかも!?

JENNIE 編集部
2017年11月07日

できることなら元気に動ける限り働いていたいと考える人もいるでしょう。しかし、60歳を過ぎて働き続けることが、年金を考えるとマイナスになってしまうこともあります。

なぜ働くことがマイナスなのか、在職老齢年金とセカンドキャリアについて考えてみましょう。

年金をもらいながら仕事をすると?

60歳を超えても働く人は増えていますが、60歳を超えて働いていても年金をもらうことはできます。老齢基礎年金は給与額に関係なく支給されますが、在職年金制度によって、給与額によっては老齢厚生年金の一部、または全額が減らされることも知っておかなくてはなりません。

そもそも在職年金制度は、厚生年金保険加入の事業所で働きながら、老齢厚生年金の支給を受ける場合の制度のこと。年金制度の運用上、給与額と年金額を調整するためにある制度です。実際、在職年金制度の適用があると、60歳以上65歳未満、65歳以上で老齢年金が減らされる限度額が異なります。

・60歳以上65歳未満の場合
毎月の標準報酬月額(給与)と総報酬月額相当額(賞与)を月に換算した合計が28万円以下の場合、年金の減額はありません。どのくらい減額されるかは標準報酬月額が28万円を超えるかどうか、総報酬月額相当額が46万円を超えるかどうかで計算方法が変わってきます。

・65歳以上の場合
標準報酬月額と総報酬月額相当額の合計が46万円以下の場合、減額されることはありません。46万円を超えると減額が行われます。

65歳からの在職老齢年金制度とは?

先にご紹介したように、65歳からの在職老齢年金制度は60歳以上65歳未満の在職老齢年金制度と異なります。支給の境目となるのが標準報酬月額と総報酬月額相当額の合計46万円で、60歳未満の在職老齢年金と比較すると年金が減額されない範囲は広いです。さらに、合計46万円を超える場合は以下のような計算式で支給停止額を計算します。65歳未満の在職老齢年金の計算は標準報酬月額と総報酬月額相当額によって複数の計算方法があるので、65歳以上の制度の方がわかりやすいです。

・65歳以上在職老齢年金の計算
(標準報酬月額+総報酬月額相当額-46万円)×1/2×12=支給停止額

・70歳以上の厚生年金
65歳以上については、70歳以上も含め46万円を基準に計算していきます。70歳以上でも老齢厚生年金の調整を受ける点には注意しましょう。ただ、70歳以上になると厚生年金加入の義務はなくなります。厚生年金の支払いはなくなるため、月々の負担は70歳未満のときと比較して軽くなります。

セカンドキャリアの目的を考える

そこまで大きな年金の減額ではないので、在職老齢年金を抜きにセカンドキャリアを築いていきたい、もっと稼ぎたい人もいるでしょう。もちろん人それぞれの思いがあるので、自分の思いを尊重することがまず大切ですが、60歳や65歳というのは人生の大きな節目でもあります。お金を稼ぐことだけにとらわれず、もっと広い視野でセカンドキャリアを考える機会にしても良いのではないでしょうか。

働けなくなったあとの不安をできるだけ払拭するためにとにかく働き続けるのか、それともキャリアや社会貢献など自分自身の人生を充実させるために働くのか。働く目的次第でセカンドキャリアをどうするか、在職老齢年金をどうするかは変わってくるはずです。セカンドキャリアの目的についても考えたうえで、働き方を少しずつでも考えていきましょう。

ーまとめー

60歳を超えても同じ職場で働き続ける人、あるいは再就職でセカンドキャリアを築く人も増えている現代。プラスな印象もありますが、60歳を超えてからセカンドキャリアを築くことは、在職老齢年金制度によって年金給付の面でマイナスになってしまうこともあります。定年後は、在職老齢年金制度を気にせずに働くのか、あるいは社会貢献やキャリアアップのために働くのか、目的意識を持った働き方が大切です。

人気の記事

あわせて読みたい