page_top
人気記事ランキング

定年後の起業に人気のフランチャイズとは?どんなビジネスがある?

JENNIE 編集部
2018年01月26日

100歳を生き抜く現代。65歳で定年を迎えてもまだ35年あります。生涯現役で働きたいというシルバーの方はたくさんいらっしゃいますし、今は会社員として働いていても、将来的には起業したいと思っている人もいるでしょう。しかし、不安はつきものです。

ここでは、定年後の起業に人気のフランチャイズのメリットと、その成功例をご紹介します。

定年後起業ならフランチャイズがおすすめの理由

そもそもフランチャイズとは、事業の本部が事業者と契約を結び、本部の経営ノウハウ、商標、イメージなどを利用して営業させる権利を与える見返りとして、一定の対価を支払ってもらうというシステムのことです。フランチャイズが市場に出回るようになってからおよそ30年。国内ではこれまで一度も衰えることなく右肩上がりの業績を出しています。

では、なぜフランチャイズがおすすめなのでしょうか。

それは、一時代を築いたことで、すでにビジネスモデルが完成していることに尽きます。その企業のブランド力が利用できるので未経験者でも成功しやすいメリットがあるからです。ゼロから始める起業よりも、本部のサポートを得られるフランチャイズなら、定年後の起業に向いているといえるのではないでしょうか。

定年後に向いているフランチャイズの業種は?

主なフランチャイズの業種を挙げますと、「小売・コンビニ」「修理(リペア)・クリーニング」「IT・通信・情報・携帯電話」「飲食店・宅配・テイクアウト」「理美容・エステ・整体・医療」「ブランド・貴金属(買取販売)」「塾・スクール」「介護・デイサービス・訪問介護」などです。

中でも、定年後でもチャレンジしやすい業種は、介護福祉系やネットショップ、サービス業、配送などです。実際に成功した例がいくつもあります。介護福祉系ですと、オーナーになることで実際に業務に携わることがないので実務に追われることはありません。介護する側と介護される側を結ぶという仕事ですので、体力、経験など関係なく始めることができます。

ネットショップは、パソコン一つででき、注目度が高い業種です。これまでの経験を活かしたビジネス、趣味を活かしたビジネスを展開することができます。また、掃除が好きな人なら清掃業、お料理など家事全般が好きな人なら家事代行業などのサービス業、車の運転が好きな人なら配送ドライバーなど、定年後の方でもこれまで培った経験やノウハウを無理なく活かすことが可能です。

フランチャイズを始める前に知っておきたい資金のこと

それでも、ただ始めたい!だけでは何も始めりません。始めるにあたってはどんな知識が必要でしょうか。第一にいえるのは資金のことです。フランチャイズを始めるには、加盟金や保証金など一定の開業資金が必要となります。

業種によって最低必要資金はまちまちですが、例を挙げると、「訪問医療マッサージ」のオーナーで開業資金100万円からが一般的です。

そのほかにも、ネットショップの出店開業資金17万円から、インターネット動画広告代理店資金150万円から、エアコン・ハウスクリーニング業開業資金200万円から、コンビニ開業資金200万円から、配送サービス開業加盟金20万円からなどなど。中には自己資金ゼロから始められるものもありますので、事前に調べておきましょう。

それら開業にかかる資金は、現役時代に貯めておきたいところですが、なかなかうまくいかないのが現実。しかし、資金がないからとあきらめてしまうのはもったいないです。開業予算が少額、あるいは必要な資金が大金な場合、金融機関からの融資が必要となります。新規開業を希望する人への融資制度がある日本政策金融公庫も視野に入れておきましょう。

自己でまかなう資金は、すべてを起業に費やすのではなく、失敗したときのことも考えて、老後に必要な資金をきちんと確保しておくことも大切です。

気になるフランチャイズがあれば説明会へ行こう

資金の次に得たい情報は、実際にそこで働いている人や成功者の声です。フランチャイズは、定期的に説明会を行っていますので、気になる業種があれば説明会へ足を運びましょう。経験者の話が聞けたり、資料やネット上では得られない生の声を聞くことができますし、その場で疑問点をすぐに解決できたりと、有利な点ばかりです。

フランチャイズもとの信頼度がどの程度あるのかを肌で感じることもでき、実感も得られるでしょう。その先の具体的な計画を立てるのにも役立つはずです。

ーまとめー

定年後に起業を考えるのにどうしてフランチャイズがいいのか、その理由をおわかりいただけたでしょうか。ビジネスモデルが確立している業種であれば、即収入にもつながり、定年後も安定した生活を送ることができるので安心です。将来的に起業を考えているあなたのお役に立てればと思います。

人気の記事

あわせて読みたい