page_top
人気記事ランキング

好きなことや趣味を仕事にできるの?成功した人の特徴とその方法

JENNIE 編集部
2018年03月26日

好きなことを仕事にしている人は、憧れられる存在です。周囲から羨ましがられる職業の人もいるでしょう。そのため、今すぐにではなくても、将来的には、あるいはセカンドキャリアとして好きなことや趣味を仕事にしたいとなんとなく考えている人は多いのではないでしょうか?

成功した例をみながらあなたの“働き方改革”の参考にしてみてください。

趣味を仕事にしている人の割合は?

好きが高じて仕事にしている人は、年齢が高ければ高いほど、その割合は高くなります。さまざまなアンケートをみても60代では50%と多く、逆に40代までは30%にとどまります。これは、趣味をセカンドキャリアとして考えている人が多いからではないでしょうか。

一度、社会経験を積んで、違う世界をみてからでも遅くはありません。好きなことを仕事にしたいという気持ちがある間は、いつからでもそれを仕事にすることができます。若いうちは、趣味を仕事にしたい!と固執せず、さまざまな経験も必要だということが、この%をみてもわかります。

趣味を仕事にするメリットとデメリット

趣味を仕事にすることでメリットになる部分とそうではない部分が出てきます。仕事と割り切ることができないからこそ、生じてしまうメリットとデメリット。それぞれのポイントをまとめました。

・3つのメリット

A.お金に結びつくのでやりがいがある
たとえば趣味で作った作品がお金になるとどうでしょう。好きなこと+αでお金をもらえるなら、同じものを仕事として作るよりもやりがいを感じます。前者は好きなことをするのが目的で、後者は仕事が目的だからです。

B.充実感、満足感を得られる
人はやりがいを感じることで、人生においての充実感や満足感を得ることができます。

C.仕事(趣味)をしている時間が有意義な時間となる
仕事と趣味を分けている人は、どちらかに時間を費やすとどちらかを縮小しなければなりません。趣味を仕事にすれば、同時進行に時間を得ることができ、有意義な時間となります。

・3つのデメリット

a.利益が絡んでくる
仕事というのは、それに見合った利益を生むものです。その利益で、生活をしなければならない状況では、好きなことばかりをしてはいられません。

b.目的がわからなくなる
利益を生むか、生まないかと考えているうちに、だんだんと目的がわからなくなってきます。趣味に比重をおくのか、それとも仕事に比重をおくのか、壁にぶつかることもあるでしょう。

c.趣味そのものが嫌いになる
b.c.のデメリットを経験すると、趣味そのものを嫌いになることも。これで失敗する人も少なくありません。

趣味を仕事にしている人の特徴とは?

では、実際に趣味を仕事にしている人は一体どのような人でしょうか?

音楽に関係するミュージシャン系、画家などのアーティスト系、ものを作るクリエイター系など、いわゆるその道のプロと呼ばれる人です。また、自分の好きなことを仕事にしている人もいます。コーヒーが好きでバリスタ、お酒が好きでバーテンダー、パンが好きでベーカリー屋さん、本が好きで図書館司書など。

好きなことを仕事にしている人たちには、ある共通点があります。それは、好きという気持ちが人一倍強いということです。また、結果が評価につながらなくても気にならない、趣味=仕事をしている時間が楽しいと思えるなどの特徴もあげられます。

「趣味=仕事」にしている人の3つの成功例

では、もっと具体的に3つの成功例をみていきましょう。

(1)40代・趣味歴30年・趣味の仕事歴10年の女性の場合
幼いころから手芸が好きでした。高校を卒業してから結婚に至るまでは事務員として働いていました。子どもが生まれ、時間ができたことで手芸をまた始めるように。はじめは小物入れや子ども用のバックなど、身近で実用的なものでしたが、次第にぬいぐるみや人形を作るようになりました。

あるとき、子どもが「昨日寝る前にあったバラバラのパーツが朝になったらどんなものに仕上がっているのかが楽しみ」といったのをきっかけに、なんとなく人形作家になりたいと思うようになりました。いまでは、さまざまなところからオファーがあり、人形を提供しています。

(2)50代・趣味歴30年・趣味の仕事歴15年の女性の場合
証券会社に勤めていたころに培ったノウハウで、いつの間にか株に詳しくなりました。それから、結婚後になんとなく始めた株取引が、いつの間にか趣味の範囲に。仕事にしているわけではありませんが、副業的に株取引をしています。

(3)30代・趣味歴10年・趣味の仕事歴7年の女性の場合
18歳になる前に早く免許を取りたいと思っていたほど、車が好きでした。ですが、ドライバーという仕事は男性がするものと勝手に思っていたので、就職先には事務を選びました。

自分の車を所持するようになり、ますますドライバーになりたいという気持ちが沸くように。失敗してもいいようにある程度お金を貯めて退職。念願のタクシードライバーに。目的地にお客さんを気持ちよく運ぶことが、いまでは私の趣味となりました。

ーまとめー

趣味を仕事にすることは容易ではありません。しかし、成功例からみても、セカンドキャリアとしてとらえるには十分に考えられることだともいえます。いまの趣味がお金につながるのか?そこから生まれる仕事は何か?を模索するだけでも、ひとつ道が開けるのではないでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい