page_top
人気記事ランキング

やる気スイッチのメカニズムとは?

JENNIE 編集部
2019年09月27日

連休明けに会社に行きたくない、仕事がマンネリ化してつまらないなど、さまざまな理由でやる気がでないことがあります。会社員のやる気スイッチをオンにするための方法をご紹介します。

やる気とは?

「やる気」とは、楽しみや喜びにつながるポジティブな気持ちに基づいています。具体的には、「この仕事をやり遂げれば上司に認めてもらえる」といったような物です。また、「あの営業先に行けば、その近くの店の美味しいランチが食べられる」など私的な物でもポジティブな気持ちになれる物であれば、それがやる気につながります。
目的意識もやる気には大きく影響します。「この数字をクリアすれば、ボーナスが上がる」というような明確な目的が、やる気につながるのです。目的意識をしっかりと持つことで、仕事をする動機づけができ、その目的に向かうモチベーションを上げることができます。
人間の脳はもともと、生きていくために必要なことだけをするようにできています。そのため、仕事をしなくても生きていられる状態であれば、あえて動こうとすることはありません。怠惰な脳に動機を与えて仕事をするように仕向ける物が「やる気」であり、ポジティブな思考と目的意識から発生しているのです。

やる気がなくなる原因とは?

いかにポジティブな思考と目的意識があっても、やる気がでない、やる気がなくなる、ということもあります。その原因を知ることで、やる気がダウンすることを防いだり、やる気スイッチをオンにしたりする手助けになります。ここでは、やる気がなくなる原因について説明しましょう。
やる気が低下する原因に、明確な目的意識があっても毎日繰り返される仕事や日常に飽きてしまう、ということがあります。仕事への慣れなどから、目的意識に対するモチベーションが下がり、仕事以外のことに気持ちが移ってしまうのです。また、疲労もやる気を低下させる一因です。肉体的に疲れていると集中力がなくなり、ミスを繰り返すなどして自信をなくしてしまう場合があります。反対に、肉体的に元気であっても、悩みなど気にかかっていることがある場合でもやる気が低下します。
さらに、その仕事自体が嫌いだったり、やりたくない物だったりする場合は仕事自体がやる気をなくす原因となっています。嫌い・やりたくないと思う原因には、その仕事に対する自信のなさや、結果に期待できないといったことが影響しています。

やる気を引き出す方法

やる気スイッチをオンにするには、どのような方法があるのでしょうか。ここからはやる気スイッチをオンにする方法をご紹介します。

・まず動く
やる気が起きないときは、まず動いてみることが大切です。具体的には、休み明けの朝など、やる気が起きずに布団からでられないときに、まず布団を蹴飛ばしてみる、というようなことです。仕事も同様で、膨大な量の業務を前にして途方に暮れているだけではいつまでもやる気がでることはありません。とりあえずできることから一つずつこなしていくことで、脳に刺激が伝わり、徐々にやる気がでてきます。また、目標が遠くて漠然としている場合には、まず達成したい目標など近いゴールを決めます。実現可能で具体的な数値を設定するなどして、手の届く目標に向かって動き始めると良いでしょう。

・ポジティブな思考に転換する
やる気とはポジティブな思考による物なので、目標を宣言したり、成功した自分を想像したりして、思考を無理やりにでもポジティブな方向へ向けることでやる気がアップします。また、成功した人のサクセスストーリーを読むことも効果的です。他人の経験から、それまでの自分にはなかった発想や失敗例を知ることができ、脳にも良い刺激となります。

・「TO DOリスト」を作る
自分がやらなければいけないことを書き出してリストを作り、そこに納期や優先順位を書き込みます。そうすることで頭の中を整理することができ、次にやるべき具体的な行動が見えてくるのでやる気アップにつながります。また、リストにやりたいことなど自分へのご褒美となる物を入れておくと、さらに効果的です。

ーまとめー

やる気スイッチをオンにしてモチベーションを維持するには、動機づけが大切です。どうしてもやる気が起きないときは、一度立ち止まって考えてみることが必要な場合もあります。いろいろと試して、自分に合ったやる気スイッチをオンにする方法を探してみてください。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。