page_top
人気記事ランキング

知っていますか?就業時間に関する基礎知識

JENNIE 編集部
2019年08月30日

「定時」という言葉をよく耳にしますが、「定時とはなにか、実はちゃんとわからない」という人もいるのではないでしょうか?
自分が働いている会社の定時が他の会社の定時と同じとは限りません。就業時間に関する基礎知識のあれこれをご紹介します。

定時ってなに?

「定時」とは、法律で定められている勤務時間ではありません。各会社の就業規則に書かれている労働時間のことを定時と言います。つまり、定時はそれぞれの会社によって違います。定時という言葉を使う際、2つの意味で使うことができます。ひとつは「弊社の定時は朝9時から18時までです」のように所定の労働時間を指す使い方。もうひとつは「定時になったので帰ります」のように、就業規則に書かれた退勤時間を指す使い方です。
そもそも、労働時間には「所定労働時間」と「法定労働時間」があります。所定労働時間は、会社によって定められた労働時間です。就業規則や雇用契約書に書かれており、従業員の労働時間のなかから休憩時間を引いた時間を指します。基本的に、法定労働時間内であればそれぞれの会社が自由に所定労働時間を決めることができます。対して法定労働時間とは、労働基準法の第32条で定められている労働時間の限度を指します。1日では8時間、1週間では40時間とされていて、職場や職種によって違うということはありません。法定労働時間を超過した労働は違法となります。
法定労働時間を超えて労働をする場合には、会社と従業員が労使協定(36協定)を結んだうえで、労働基準監督署への届出が必要となります。また、協定を結んでいても、法定労働時間を超えた労働に対して会社は割増の残業代を支払わなければなりません。会社が定めた所定労働時間を超えた場合でも、法定労働時間内であれば法定労働時間内残業となるため、割増賃金は発生しません。

変形労働時間制ってなに?

所定労働時間と法定労働時間のほかに、「変形労働時間制」という制度もあります。
変形労働時間制は、週や月の忙しさによって定時、つまり所定労働時間が変わります。変形労働時間制のひとつ、「フレックスタイム制」は、仕事を開始する時間と終了する時間を従業員が自分で決めることができる制度を言います。もちろん法定労働時間内での勤務です。1か月の勤務時間が平均して法定労働時間内であれば、1日単位や1週間単位での労働時間超過は時間外労働にはならないという考え方です。原則、従業員に勤務時間はゆだねられます。
飲食店や小売業などに多い「シフト制」も変形労働時間制のひとつです。シフト制は出勤日や労働時間がバラバラですが、就業規則や雇用契約書には「早番は8時から17時まで」「遅番は10時から19時まで」などと明示されているはずです。記載されている時間が定時、所定労働時間となり、一般的な会社と同じく法定労働時間の範囲内で所定労働時間が設定されています。

みなし労働時間制ってなに?

フレックスタイム制やシフト制とは別に、「みなし労働時間制」という制度があります。みなし労働時間制は、1日の労働時間をあらかじめ会社が定めてあり、そのみなし労働時間で給与が出ます。実際に働いた時間は関係なく一定の給与を受け取れる仕組みで、みなし労働時間制が対象となる職種は決められています。該当する業務は、専門業務型では研究開発、税理士、建築士、デザイナーが適用職種となり、企画業務型では調査分析業務など、事業場の外では労働時間を算定することが困難な業務です。原則として、該当しない従業員に無理にみなし労働時間制を適用することはできません。

ーまとめー

一言に「就業時間」と言っても、さまざまな制度があります。自分はどのような制度のもとで働いているのかを知っておくことは、今後転職などを考える場合にも役立ちます。基本的な就業時間を知り、自分の働き方について見つめ直してみる機会にしてみてはいかがでしょうか?

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。