page_top
人気記事ランキング

AIと機械学習とディープラーニング、どう違う?知っておきたい基礎知識

JENNIE 編集部
2019年02月25日

AIってよく聞くようになったけど、本当はよくわからない。そういう人は案外多いかもしれません。ぼんやりとはわかっているつもりでも、人に説明するとなると、少し難しく感じるかもしれません。

そこで、今さら人に聞くのは恥ずかしいという方に向けて、簡単にAIについてご説明します。あわせてAIに関係する、機械学習やディープランニングについても、それぞれの概要と違いについて見ていきましょう。

AIって何?

AIとは何かと質問されたとき、ロボットのようなものが頭に浮かぶ方もいるかもしれません。ご家庭でも、お掃除ロボットが活躍する時代となってきました。しかし本来お掃除ロボットなどは、「AIが搭載されている」ロボットであるといえます。

AIそのものについて説明すると、人工的に人間と同じ思考や知能を実現させようとする動きのことをいいます。研究者によって定義がバラバラで、明確なものはありません。しかし一般的には、人間のような知能を持った機械、もしくは人間のような知能を持ったコンピュータープログラムを作る技術、の総称と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

もともと、コンピューターはプログラムされた通りに、処理を行うものです。一方でAIは、自分で学習し、判断し、推測して処理することができるのです。そして、これからご説明する、機械学習やディープラーニングについても、AI のひとつであることを知っておくと良いでしょう。

機械学習って何?

AIに求められることには、経験したことから学習したり判断したりすること、また莫大な知識のなかから推測することなどです。しかもそれらを、人間の力が及ばないほどのスピードでこなしてしまうのです。
例えば、スマートフォンなどに話しかけるだけで、瞬時に返答してくれるものがありますね。そこで、学習機能が重要となってきます。

あらかじめプログラミングされたものではなく、AI自身がデータから学習を繰り返し、そこから法則化していきます。そして、法則化されたものを自動的に反映させていくのです。これらのような動きが機械学習と呼ばれるものです。機械が理解しているというよりは、与えられたデータをもとに導き出したり、AI自身が経験によって得た統計結果をもとに分析したりすることができます。

ディープラーニングという言葉も、よく聞くようになってきました。機械学習のなかに含まれている要素で、機械学習をさらに細かく発展させたものが、ディープラーニングと呼ばれます。

ディープラーニングって何?

機械学習のなかでも、「ニューラルネットワーク」によって、学習を繰り返しているもののことをいいます。機械学習で判断できていた情報に比べ、さらに細かい特徴を自動的に見つけ出すことができます。簡単に言葉で説明できないような事柄でも、そのなかから法則や特徴を見つけ出せるようになるのです。

ディープラーニングは画像認識や映像解析でも利用されています。例えば、ある画像に対して名前を一致させる、ということもできるようになりました。一致する確率は、人間が認識するよりも高く、95%以上ともいわれています。実際に、カメラなどの商品にも採用されています。

ほかにも、商品検索をするときに、クリックした情報を解析し、その人の好みを割り出して提案するということもできます。潜在的にある自分の好みまでも、AIが特徴を見つけ出してしまうのです。AIは、自分よりももっと自分のこと理解できるかもしれません。

ーまとめー

AIとは、知能を持った機械の概念であり、学習機能やディープラーニングは、AIが学習する機能、もしくは手法を意味します。AI自身が学習を繰り返し、さらに細かい認識ができるように進化しているのです。それぞれの違いを理解して、うまく活用できると良いですね。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。