page_top
人気記事ランキング

自分の思いを上手に伝える!説得力アップの方法

JENNIE 編集部
2019年02月15日

人前で話すことに自信がない、うまく話が伝わっているか心配、と思っている方も多いのではないでしょうか。できることなら自分が伝えたい内容を的確に伝え、聞く相手の心に残るスピーチをしたいですよね。

そこで、今回は相手に伝わるスピーチの方法について、具体的にご紹介します。

自己紹介で心を掴め!

スピーチを始める前に、まずは自己紹介をしましょう。自己紹介をすることは、相手に自分のことを知ってもらうために有効ですが、さらに2つのメリットがあります。

1つ目のメリット
「信頼を得られる」ことです。スピーチする人の職業や経歴を知ってもらうことで、このテーマについて自分がスピーチすることについての根拠となり、説得力が向上するのです。

2つ目のメリット
「共感を得られる」ことです。自身の出生地について、もしくは家族構成、趣味などプライベートに関することを共有することで、親近感が湧き、相手との距離がぐっと近くなります。スピーチを始める前に心理的に距離が縮まっていることで、聞く相手もすっと話が耳に入り、話す本人もリラックスして話せるようになります。

話の構成をシンプルに!

スピーチする人が一方的に話しても、聞き手の耳には入っていないことがあります。人によって、理解しやすい話の構成はさまざまです。結論を把握しておいてからでないと理解できない人、または順序立てて話をしないと混乱してしまう人もいます。

そこでおすすめしたいものが、「ホールパート法」という、話の構成をシンプルにし、かつ伝わりやすくする方法です。どんな人に対しても伝わりやすく、理解やイメージがしやすくなります。ではホールパート法とは、どのような方法なのでしょうか。

まず、話の結論(Whole)を伝えます。その後に、結論づけるための要素(Part)を3つほど伝えます。そして最後に締めくくりとして結論(Whole)を再度伝えるのです。始めに結論を伝えることで、頭の中を整理しながら聞くことができるため、理解しやすくなります。また、結論を冒頭と締めくくりに繰り返すことで、説得力が上がります。

要素(Part)を伝えるときには、伝えたいことがいくつあるのか、数を提示することも大切です。「伝えたいことが3つあります」などと示してから、「1つ目に〜」と順序立てて話します。そうすることで、全体の量を把握でき、関心を引きつけることもできます。

ホールパート法はどんな人にでも伝わりやすい方法です。さらに短い時間で簡潔にプレゼンテーションをするとき、情報量の多い中から要点を抜き出して報告するときなど、さまざまな場面で効果を発揮します。

思いよ伝われ!姿勢やジェスチャー、声の出し方にも気を配ろう

聞き手は話の内容からだけでなく、話す人の体の動きからも捉えていることがあります。つまり体の動かし方が、スピーチにつながっているということです。
自分がやってしまいがちな動きがプラス要素になることがありますが、マイナス要素となってしまう場合があるので体の動きにも注意しましょう。

例えば、動きが速い人ではどうでしょうか。活動的ですばやく行動する人という傍ら、落ち着きのない軽率な人と思われることもあります。反対に動きが遅い人は、用心深く考えるというプラスの面と、行動力がないというマイナスの面が作用するのです。マイナスと取られる動きに気をつけることも、スピーチをする上でのポイントです。そして体の動きを活用して、さらに表現力のアップを目指すためにボディランゲージが有効です。

例えば3という数字を示したいときに、指を3本出すことがボディランゲージです。大切なポイントについて説明するときに、ボディランゲージを意識して行うことで、聞き手の印象に残りやすくなります。

また、声の出し方も聞き手を引きつける大切なポイントです。淡々とした話し方では、つまらなくなり眠たくなることもありますね。そこで、話の内容に応じて、声の大きさやスピードを変化させ、さらに話の間(ま)や表情も細かく変化させることも意識してみましょう。

話の要点を伝えようとするあまり、論理的に話し続けてしまうこともあります。感情を込めて話すことで相手の感情と共鳴でき、ときに問いかけることで相手の話に巻き込むことができるのです。

ーまとめー

スピーチが上手な人は、相手に伝えるためのコツを知っています。ご紹介した内容を実践することで自信につながり、経験を重ねることで自分らしいスピーチになっていくと良いですね。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。