page_top
人気記事ランキング

我慢しないで上手に節約!暖房費節約術

JENNIE 編集部
2019年01月15日

これから冬の寒さが一段と厳しくなり、暖房費で懐も寒くなる季節です。暖房器具を効率的に使うことで、暖房費を節約できる場合もあります。今回は、ちょっとした暖房節約術をご紹介します。

まずは外堀を埋めよう!

部屋を暖めるには、冷たい外の空気が部屋のなかに入らないようにすることが重要です。窓ガラスに近づいてみると、そこから冷気が入ってきているのがわかります。

そこで、窓のサッシ部分に薄めた障子のりを塗り、エアークッションを貼り付ける方法がおすすめです。専用の断熱シートの方が窓に直接貼れるので使い勝手はよいのですが、コストがかかるので窓の多いご家庭ではコストを抑えられるエアークッションがよいでしょう。

経済的に余裕のある方には、断熱カーテンもおすすめです。断熱カーテンは、夏場には外の暑さを遮断する働きも期待できます。夏と冬、両方のシーズンで活用することができるので、普通のカーテンより値段は高めですが、長い目で見ればお得であるということになります。

また、窓枠のサッシも外と直接つながっているため、しっかりと窓を閉めていてもその隙間から外気は入ってきます。その隙間には新聞紙を細長く折ってサッシとレールの間に挟み込むことで外気の侵入を防ぐことができます。ただし、石油ストーブなどの燃焼系の暖房器具を使う場合は、一酸化炭素中毒にならないように定期的に換気することを忘れないでください。

暖房器具、掃除していますか?

暖房のメインといえばエアコンやファンヒーターですが、まめに掃除をしている方は少ないのではないでしょうか。エアコンは、フィルターが目詰まりすると送風が滞って部屋の温度が上がりにくくなり、余計な電気代がかかることになります。月に1度か2度、フィルターを水洗いするか、掃除機でごみを吸い取るなどして掃除をすることをおすすめします。

また、エアコンの上にたまった埃を落とすことも大切です。せっかくフィルターを掃除しても、エアコンの上などに埃がたまっていると、その埃をエアコンが吸い込んでしまい、フィルターが汚れやすくなってしまいます。

石油ファンヒーターは、ファンを回すことで暖かい空気を部屋のなかに送り込んでいます。ファンを回す際、空気と一緒に部屋の埃などを吸い込んでしまうので吸気口は埃がたまりやすい環境です。吸気口に埃がたまると暖房機能が低下したり、エラーが出たりしやすくなってしまいます。暖房効率を上げるためには、こまめな掃除が必要です。

どの暖房器具に関してもきちんと手入れをすることで、故障が減り、暖房器具そのものの寿命を長くすることができます。修理費用などがかかれば無駄な出費が増えることになってしまうので、多少面倒でもこまめに掃除をすることを心がけましょう。

暖房器具の使い方を見直そう

エアコンにしても、ファンヒーターにしても、気になるのは電気代などの暖房費です。エアコンの場合、機種にもよりますが、設定温度を1度下げると電気代は約10%の削減になります。また、部屋全体を暖めるエアコンやファンヒーターは設定温度よりも寒く感じられるため、他の暖房器具との併用が効果的です。こたつやホットカーペットなどは、直接暖かさを感じられるうえ、消費電力の節約にもなるのでおすすめです。

暖房器具のオン・オフのタイミングを工夫することでも電気代は節約できます。エアコンは、設定温度に近づけるときの消費電力が最も多いので、石油ストーブなどで部屋をある程度暖めてから起動するとよいでしょう。

もったいないからといってこまめにオン・オフを繰り返すと、設定温度に近づけるために何度もフルパワーで運転することになってしまいます。少しの時間であれば、つけたままにしておいた方が電気代の節約になるのです。

また、外出前は特別寒い地域でない限りは、外出の15分ほど前に暖房を切ることをおすすめします。暖房を切っても急に部屋が冷えるわけではないので、まだ部屋が暖かいうちに外出することができ、その分の電気代を抑えることができるのです。

ーまとめー

寒いなか、我慢して暖房費を節約するのでは長続きしません。また、身体を冷やして風邪をひいてしまう場合もあります。暖房器具の特徴を知って効率よく部屋を暖め、無理のない節約をしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。