page_top
人気記事ランキング

広がるビジネスカジュアル!上手に取り入れるには?

JENNIE 編集部
2018年08月29日

以前はビジネスシーンといえばスーツが当然のスタイルでしたが、今はビジネスカジュアル可という職場も多くなりました。しかしビジネスカジュアルといっても、どこまでカジュアルでOKなのか、どんな服装をしたら良いのか、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ビジネスカジュアルとはどのようなものなのか、おすすめのアイテムや着こなしのマナーなどをご紹介します。

ビジネスカジュアルとは

ビジネスカジュアルとは、ビジネスシーンで着用し、企業への訪問や来訪があった時にも対応できるカジュアルスタイルのことです。
ノーネクタイでジャケットやシャツ、パンツなどを合わせる等、スーツよりもカジュアルなスタイルが代表的なビジネスカジュアルといえるでしょう。

ただし、ビジネスカジュアルには明確な定義がありません。それ故に多くの方を悩ませているのですね。

着こなしのマナーは?

ビジネスカジュアルといわれた時に最初に確認しておきたいのは、自社の服装規定や訪問先企業の服装規定。一般的にはジャケットとシャツの着用を求められることが多いですが、自社の場合は同僚や先輩の服装を確認したり、訪問先であればHPで事前に社員の服装を確認したりしましょう。

ビジネスカジュアルのマナーで一番大切なポイントは、「周囲や相手を不快にするような服装はしない」ことです。ビジネスマンに相応しい服装を忘れないようにしましょう。

着こなしで気を付けたいことは、「カジュアル」のつもりが「だらしなく」見えないように注意するということです。例えば、上下セットのスーツを着崩してしまうと、単にだらしなく見えてしまうというようなことです。スーツは上下セットでスーツとして着るように作られているので、着崩すとだらしなく見えてしまいます。

TPOに合わせて、周りから浮き過ぎないように意識しましょう。

ビジネスカジュアルのおすすめアイテムは?

まず持っておきたいのは、スタンダードな2ボタンのテーラードジャケットです。襟付きのシャツなどはもちろん、Tシャツやニットなどのカジュアルなアイテムと合わせても、ジャケットを羽織ればきちんとしたイメージになるので、着まわしやすく重宝します。色はネイビーやブラック、グレーなどの定番カラーにし、形や素材もベーシックなものを選ぶと良いでしょう。

美しいシルエットのスラックスも必需品です。ストレッチ入りの生地を選んで機能性をプラスしながらも、上品なコーディネートに仕上がるようなものを選ぶと便利です。

Vネックでボタン止めの薄手のカーディガンも、持っていると便利なアイテム。上品なイメージを与えるハイゲージニットがおすすめです。色はテーラードジャケット同様、定番のネイビー、ブラック、グレーが上品にまとめやすく便利です。

意外と選ぶのが難しいのがシャツです。スーツに合わせるようなシャツはカジュアルに合わせると「ちょっと違う」と感じるコーディネートになってしまいます。ボタンダウンのカラーシャツでオックスフォード地のものなど、カジュアルな中に品格があるシャツを選ぶと良いでしょう。

夏のクールビズスタイルではポロシャツが便利です。シンプルで落ち着いたものを選び、きちんとして見えるようにサイズにも気を配りましょう。ビジネス向けのデザインも増えていますので、迷ったらそうしたものを選ぶと良いでしょう。

ーまとめー

定義が曖昧なため迷ってしまうことも多いビジネスカジュアルですが、コーディネートに迷ってしまったら、清潔感があるかどうか、上品な印象かどうかを意識して全身を見てみると良いでしょう。

ビジネスは相手があってこそ。自分本位で楽なコーディネートに流れてしまわず、相手目線を心掛けることが大切なのです。うまく周囲と歩調を合わせながら、自分なりのコーディネートができると良いですね。

人気の記事

あわせて読みたい