page_top
人気記事ランキング

お盆って何?旧盆と新盆の違いについて

JENNIE 編集部
2018年07月10日

お盆休み、帰省ラッシュ、盆踊り。お盆の漠然としたイメージはあるけれど、本当のお盆の意味はうまく説明できない、ということはありませんか。

日本では古来より催されていたお盆の行事。きちんと知って、先祖の供養について考えてみる機会にしてはいかがでしょうか。

お盆とは

お盆は先祖の霊を供養する仏教の行事です。正式には盂蘭盆といいます。お盆には故人の霊が帰って来るといわれており、盆棚と呼ばれる祭壇を作り、お供えや提灯を飾り迎え火を焚いてご先祖様を迎えます。

盆棚に、ナスやきゅうりに棒を刺してお供えしてあるのをよく目にするのではないでしょうか。これは、きゅうりは馬、ナスは牛を表しており、ご先祖様をお迎えする時には馬に乗って速く来ていただき、帰る時には牛に乗ってゆっくりとあの世へ帰っていただくという意味が込められています。

お盆には帰省して、帰省先で家族と一緒に先祖の霊を迎え入れるお盆の行事を行う人も多いのではないでしょうか。江戸時代にはお盆とお正月は奉公に出ている人も休みを取って実家に帰ることを許されていました。現代でもお盆休みに帰省することが多いのは、こうした歴史が背景にあるのかもしれません。

地域によって精霊流しや盆飾り、盆踊りや花火大会など、様々な風習や行事があります。京都のお盆の8月16日に行われる五山の送り火は、全国的にも有名で、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

お祭りの一部のようにみえる盆踊りにも、無心になって踊ることでいつの間にか先祖の精霊と一体となるという意味があります。花火にも鎮魂の意味が込められているなど、それぞれに先祖の冥福を祈り、受け継がれてきた大切な意味があります。
自分の地域の行事の意味を大事に考えて参加してみると、いつもとは違ったお盆になるかもしれません。

旧盆と新盆の違い

お盆には、7月13日から7月16日までの新盆と、8月13日から8月16日までの旧盆があります。

お盆の時期が二つある理由は、明治時代の改暦です。明治維新によって明治政府ができると、西洋の制度にならった近代化が進められました。その際、近代化の一環として1872年、明治5年に太陰太陽暦から欧米と同じ太陽暦に暦が変わったのです。これにより旧暦である太陰太陽暦の時に行われていた7月のお盆が、新暦である太陽暦の8月に行われるようになりました。

この改暦の際、地域によって今まで通りお盆を行なったり新暦に切り替えたりと対応は様々でした。今も地域によってお盆の期間が違うのはそのためなのです。新盆、旧盆というお盆の時期のずれは、日本の近代化に関係していたというのは、興味深い事実ですね。

旧盆と新盆の地域について

現在は8月に行われる旧盆が主流で、企業などのお盆休みも8月半ばというところが多いのではないでしょうか。しかし、7月にお盆を行う地域もあります。新盆の地域は、多摩地区の一部を除いた東京と、函館、金沢の旧市街、沖縄など、少数です。お盆の時期がずれた理由には、農業が盛んな地域では、7月は農繫期で忙しいため8月にお盆を行ったなど、諸説あります。

旧盆、新盆といった地域差はあるものの、お盆の内容にはほとんど違いはありません。新盆の地域では、七夕とお盆が近いため七夕祭とお盆の行事が一緒に行われているところもあるようです。新盆の地域の人は旧盆、旧盆の地域の人は新盆と、それぞれ自分の住む地域のお盆以外の風習や行事を見に行ってみるということも、日本の文化や歴史を学ぶには良いかもしれません。

ーまとめー

古くから大切に受け継がれてきたお盆という行事。自分の子供たちや後の世代にも、内容や意味を語り継ぎ、残していく義務が私たちにはあるのかもしれません。帰省して家族みんなで故人の思い出を振り返るだけでも、ご先祖様の供養になるのではないでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい