page_top
人気記事ランキング

梅雨時期も元気に過ごしたい!知っておくと役立つ豆知識

JENNIE 編集部
2018年06月07日

雨が続く梅雨の時期、ジメジメするしなんだか気分も盛り上がりませんよね。毎年訪れるこの時期を元気に楽しい気持ちで乗り切る方法を考えてみましょう。

梅雨とは?いつからいつまで?

なぜ梅雨は訪れるのでしょうか。まずは梅雨が起こるメカニズムからご説明します。

梅雨は、日本の北側にあるオホーツク海高気圧と南にある太平洋高気圧の2種類の高気圧がぶつかりあうことによって起こります。オホーツク海高気圧からは冷たい風が吹き込み、太平洋高気圧からは暖かい風が吹き込み、反発しあった空気が上昇気流を起こし上空に雲を発生させるのです。

梅雨前線という言葉がよく使われますが、吹き込む風同士がぶつかりあう境界付近のことをそのように呼び、その雲からたくさんの雨が降りつづけ、梅雨がはじまります。

基本的に北海道には梅雨はないといわれています。なぜなら、2つの高気圧の勢力はほぼ同等ですので、お互いに押し合いながら梅雨前線は北や南へ移動しながらしばらく本州付近に居座るため、北海道付近まで移動することはほとんどないためです。しかし年によっては北海道付近まで梅雨前線が近づき、雨が降りつづくこともあります。その雨を「えぞ梅雨」と呼んでいます。

この時期の雨は作物にとって恵みでもありますが、一方で雨による災害についても準備しておく必要もあります。梅雨は決まった日にちに来るものではありません。気候の変化を精査することによって梅雨入りと梅雨明けを予想し、気象庁が速報として発表します。それほど社会にとって大きな影響を与えるものなのです。

梅雨時期に憂鬱になりやすい理由

梅雨の時期には、降りつづく雨に憂鬱な気分になる人が多いかもしれません。これは本当に雨だけのせいでしょうか。梅雨の時期は、梅雨前線の上を低気圧が次々と通過しています。実はこの低気圧が自律神経に影響を与えているのです。

自律神経の乱れが、憂鬱な気持ちにさせる原因です。では、どうすればこの時期を元気に乗り越えられるでしょうか。

低気圧によって自然と気持ちが左右されてしまうことがわかりました。それに負けないぐらいの積極的に楽しむ気持ちを持つように心がけることが大切です。おしゃれなレイングッズを準備して紫陽花スポットをめぐってみるなど、梅雨の時期でしか楽しめないことを見つけてみましょう。

あえて外出せず身の回りを整える期間にしてみることも良いかもしれません。家の掃除をしたり模様替えをしたり、家をくつろげる空間にしてしまいましょう。雨の日は湿気が多く窓ふきにも適しています。ぜひこの機会に憂鬱な気分をさっぱりさせたいですね。

梅雨時期の湿気対策

梅雨の時期は、必然と室内干しが増えます。この室内干しも憂鬱な気分にさせる原因のひとつです。

生乾きの臭いに悩まされたり、なかなか乾かない洗濯物がいたるところに下がっている状況を窮屈に感じたりします。梅雨の時期に役立つ湿気対策についてご紹介します。

洗濯洗剤は、室内干し専用のものがおすすめです。生乾きの嫌な臭いは菌が繁殖することによって起こります。室内干し専用の洗剤には、菌を除菌する成分が入っているので、臭いを軽減することができるからです。

また洗濯物を干すときにも工夫が必要。衣類の間隔をなるべく空けて、空気の通り道をつくってあげるようにしましょう。干した洗濯物の下に新聞紙を引いておくことも対策のひとつです。湿気を吸い取ってくれるので、洗濯物の乾きが早くなります。

さらに濡れた靴のなかに新聞紙を丸めて入れておいたり、お菓子などについている乾燥剤を入れておいたりすることも良いでしょう。

ーまとめー

梅雨の時期を元気に過ごすためには、積極的に楽しもうとする気持ちを持つことが大切です。ストレスなく過ごせるように、雨のときの対策についても知っておきましょう。

人気の記事

あわせて読みたい