page_top
人気記事ランキング

忘れるとペナルティ?副業するなら確定申告をしよう

JENNIE 編集部
2019年10月04日

副業が解禁された会社も増えてきており、本業と副業の掛け持ちをしているサラリーマンも多いでしょう。しかし、副業をする上で忘れてはならないのが確定申告です。本業の分は会社側で年末調整を行ってくれますが、副業は自分で確定申告をしなければなりません。副業の確定申告について、メリットや忘れた場合のペナルティと一緒にみていきましょう。

副業したら確定申告を

副業といえば、アルバイトやパートといったイメージがあります。しかしそれ以外にも、ブログ・アフィリエイト・クラウドソーシング・株やFXといった投資など、さまざまです。本業の分は会社側で税金を支払ってくれていますが、本業以外で収入があった場合には、追加で税金を払う必要があるため、自分で確定申告をする必要があります。
ただし、副業をしたら必ず確定申告をしなければならないかといえば、そうとも限りません。確定申告をする基準のひとつが、副業で20万円以上の所得があるかどうかです。副業での所得が20万円以下の場合は、確定申告をしなくても問題ありません。例えば副業がアルバイトで、年間の収入が20万円以下ならば、確定申告の必要はありません。
クラウドソーシングや内職の場合は、収入ではなく「所得」が20万円以下の場合、同じく確定申告は不要です。注意しなければならない点は、収入ではなく「所得」であること。収入から経費を引いた所得が20万円あるかないかで、確定申告の有無が決まります。

確定申告をするメリット

必要書類を集めたり細かな計算をしたりと、手間がかかると感じる確定申告ですが、メリットもあります。
各種控除によって、源泉徴収された税金が還付金として戻ってくるケースもあります。そのほかにも、上場株式やFX取引によって赤字が発生した場合は、翌年以降3年間繰り越して、その後の黒字と相殺できます。事業所得や不動産所得で赤字が出た場合は、給料所得など他の所得と相殺が可能です。さらに青色申告の場合は、翌年以降の3年間繰り越して黒字と相殺もできます。所得控除や税額控除が給料所得だけではあまってしまう場合にも、副業分の所得から差し引くこともできます。確定申告することで受けられる控除もあるのです。このように、確定申告を行うことで得られるメリットは多いです。

確定申告を忘れるとどうなる?

確定申告をしなかった場合は脱税となり、ペナルティとしてさまざまな税金を支払う必要があります。詳しくみていきましょう。
まず確定申告しなかった場合には、無申告加算税が課せられます。納めるべき税金の50万円までは15%、それ以上は20%が無申告加算税となります。また、悪質や故意に申告しなかったと税務署に判断された場合は、さらに最大40%の重加算税が課せられるのです。
また確定申告の時期は毎年決まっていますが、それを過ぎてから納税した場合にも、延滞税がかかります。遅れれば遅れるほど払う税金が増えますので、確定申告の締め切りはしっかりと守りましょう。
確定申告するときに提出するものは、確定申告書や収支内訳書など少ないです。しかし、領収書・請求書・見積書・通帳など、副業における収入と経費を証明できる書類は、自宅で原則5年間きちんと保管しましょう。白色申告の場合はその他、帳簿と収支内訳書を7年間保存しておく必要があります。青色申告の場合は、帳簿・青色申告決算書・現金取引関係の書類を原則7年間保管しておきましょう。このように確定申告では、保管しておく書類の種類が多く期間も長いです。関係書類はひとつにまとめて、すぐにわかるようにしておくと安心です。

ーまとめー

面倒だと感じる確定申告ですが、必要項目を入力するだけで簡単に確定申告のできる会計ソフトも多く出ています。副業の確定申告に対する情報も多いため、自分で確定申告するのは難しくありません。副業で得た所得は、期限内に正確に申告をしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。