page_top
人気記事ランキング

景気について学ぼう!

JENNIE 編集部
2019年09月13日

景気が良い・悪い、とよくいいますが、一体何で判断しているのかご存じでしょうか。なんとなくの感覚や生活している中での実感で使っている人も多いのですが、実はきちんとした基準があります。今回は、景気と具体的な景気の基準について解説しましょう。

景気とは?

景気とは、商品やサービスの売買、取り引きなどの経済活動状況のことをいいます。経済活動が好調か不調化を表現する際に使用される言葉が「景気」です。景気がいいときは「好景気」、景気が悪いときには「不景気」という言葉が使われます。
景気は人々の生活に大きく影響する物です。景気がいいときには商品が多く作られ、売れていきます。商品が売れると会社の業績が上がり、その収益で工場が拡張されるなどしてさらに多くの商品が作られ、そこで働く人たちの給料やボーナスなどの収入が増えることにつながります。そして、収入が増えるとお金が使いやすくなるので、高い買い物をしたり、旅行に行ったりという消費が増え、さらに商品やサービスが売れるという良い循環につながるのです。
逆に景気が悪いと、商品が売れなくなって会社の収益が下がり、そこで働く人たちの収入も減ってしまいます。すると人々の財布のひもは固くなり、さらに商品が売れなくなるという悪循環に陥ることになります。また、会社の収益が下がると設備投資などもできなくなるため、新しい商品やサービスも展開しづらい状況になり、社会全体の活気も損なわれてしまうのです。

景気の判断はどのようにされるのか?

景気の良し悪しを判断する際に使われるのは、内閣府の景気動向指数です。ただし、景気動向指数は、景気の良し悪しにつながるさまざまな数値を総合して出された物であり、実感として分かりづらいため、ニュースなどではあまり使われません。よく使われる指標としては、景気動向指数に使われている日経平均株価や国内総生産(GDP)、失業率などがあります。
日経平均株価とは、約3,500ある東証一部上場企業の株式のうちの225銘柄を選び、ダウ式平均法という計算方法を使って導き出される数値です。株価が上がると会社の利益が大きくなり、設備投資や社員の給料やボーナスに還元されます。株価が下がるとその逆の現象が起こるため、景気は悪くなります。
国内総生産(GDP)は、日本国内で生産された物やサービスの総額を表します。日本人が海外で稼いだ分は含まれません。また、海外の人が日本で使った金額から日本人が海外で買った物の金額との差額もGDPに含まれます。GDPの伸び率を経済成長率といい、前の年からどれだけの割合でGDPが増えたかが分かる数値です。GDPには「名目GDP」と「実質GDP」があり、経済成長率を計算する際には物価の影響を考慮しない実質GDPが使われます。

指標から景気をみてみよう!

GDP成長率で景気の良し悪しを判断することはできますが、実感するのは難しいでしょう。たとえば、GDPの成長率が前の年と比べて1%の年と3%の年があるとします。経済指標としての2%は大きな差なのですが、それによって生活が大きく変化するということはありません。そのため、GDP成長率は生活していく中で実感しづらい数値であるといえます。
GDPに対して景気のいい・悪い、を実感しやすい指標が完全失業率です。完全失業率は15歳以上の労働が可能な人口である労働人口に対して、完全失業者が占める割合のことをいいます。完全失業者とは、働く意欲と能力があり、求職も行っているが仕事に就けていない人のことです。景気がいいと企業も人を多く雇うことができるようになるため就職が容易になり、売り手市場といわれる状態になります。景気が悪くなるとその逆の現象が起こり、就職氷河期といわれる就職難の状態になるのです。
しかし、景気が悪くなってから完全失業率に反映されるまでには時差が生じます。景気が悪くなると企業は業務の縮小などさまざまな対策を行い、その一環としてリストラを行ったり新規で人を雇うことを控えたりするためです。また、景気が良くなった場合でも完全失業率が上がる場合もあります。景気が良くなると、さらに条件のいい会社に転職しようとそれまで勤めていた会社を辞めて求職活動をする人が増え、その人たちも失業者に含まれるためです。ある指標から景気の良し悪しを判断する場合、その指標のクセも考え合わせて判断する必要があるでしょう。

ーまとめー

景気が良い・悪い、とよくいいますが、一体何で判断しているのかご存じでしょうか。なんとなくの感覚や生活している中での実感で使っている人も多いのですが、実はきちんとした基準があります。今回は、景気と具体的な景気の基準について解説しましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。