page_top
人気記事ランキング

なぜお金が貯められない?貯金を成功させるカギとは

JENNIE 編集部
2019年07月16日

お金を貯めようと思っていても、ついつい欲しいものを買ってしまい、お金が貯められないという人は多いのではないでしょうか。実は、お金が貯まらない人にはさまざまな心理状態が影響しています。お金が貯まらない人の心理を理解し、お金を貯められる人になりましょう。

どうしてお金が貯まらない?

人が無駄遣いをしてしまう原因に、「脳のクセ」があります。みんなが持っているから、限定品だったから、特別価格だったからなどの理由でつい買ってしまったという経験がある人も多いでしょう。「あと〇〇円買ったら送料無料になる」と、ついで買いをして、予算をオーバーしてしまうという人も少なくありません。それらは「脳のクセ」が大きく影響しているのです。ほかにも、いくつかの価格帯がある商品では真ん中の価格帯を選ぶ傾向にあるといったことなどがあげられます。
また、行動経済学に「時間割引率」という言葉があります。将来の価値と現在の価値を考えたとき、どちらを優先して考えるかということです。将来のために貯蓄が必要だとわかっていても、今欲しいものがあると我慢できずに買ってしまう人は「時間割引率が高い人」ということになります。しかし、常にやりたいことを我慢して嫌なことを先に済ませられる人はそう多くはありません。大多数の人は、時間割引率が高い傾向にあるといえるでしょう。

無駄遣いをやめるコツは?

頭ではわかっていても、欲しいものを目の前にしてしまうとついつい買ってしまう「時間割引率が高い人」が無駄遣いをやめるにはどうしたらいいのでしょうか。
無駄遣いの大きな原因として、「衝動買い」があげられます。衝動的に買ってしまうと、あとから考えるとそれほど必要ではなかったり、似たようなものをすでに持っていたりする場合があります。「欲しい!」と思ったときにすぐに買わずに、一度、保留して冷静になり、本当に必要かどうか考える習慣をつけると良いでしょう。また、買い物に行くこと自体に誘惑が多いので、買い物に行く回数自体を減らすことも効果的です。タイムセールやワゴンセール、期間限定、数量限定など、「今、買わないと」という心理状態による衝動買いを避けることができます。
自分にご褒美、という言い訳をしてお菓子やスイーツを買ってしまいがちなコンビニエンスストア通いも要注意です。塵も積もれば山となり、1回の買い物は数百円でも1か月や1年など長期で考えると、かなりの金額になるでしょう。なんとなくコンビニエンスストアに寄る習慣がある人は、その習慣をやめるだけでも無駄遣いを抑えることができます。
大切なことは、その場の気分に流されず、将来のお金の価値を意識して無駄遣いをしないことです。

貯金が苦手な人が貯金を成功させるコツは?

無駄遣いがやめられない、節約していてもお金が貯まらない、という人には「先取り貯金」が効果的です。節約をして余ったお金を貯金しようと思っていても、お金が手元にあるとついつい使ってしまうものです。「給与天引き」や「自動積立定期預金」など、強制的に引き落とされる方法にすると、最初からなかったものとして捉えることができるため、それほどストレスを感じずに貯金をすることができます。
「先取り貯金」で大切なことは、無理のない金額設定で貯金をするということです。無理をして節約をしていると、それがストレスとなり、何かのきっかけでリバウンドしてしまう可能性があります。また、貯金によって生活が苦しくなりすぎると、それまでせっかく貯めていたお金を取り崩してしまうことにもなりかねません。ストレスなく貯金することは、貯金を成功させるための重要なカギとなるのです。

ーまとめー

常に将来のことを考えて貯金をし続けるというのは、なかなか難しいものです。「脳のクセ」に惑わされず、自分が納得できるものだけを買うように心がけることが大切です。そうすることで貯金ができるだけでなく、好きなものに囲まれた生活も手に入れることができるでしょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。