page_top
人気記事ランキング

ポイント還元は本当にお得?

JENNIE 編集部
2019年05月31日

財布の中は、カードでパンパンという方も多いのではないでしょうか。今や幅広く取り入れられているポイントカード。ポイントが貯まる点から見ると、大きなメリットがあるように見えますが、本当にそうなのでしょうか。ポイントカードのしくみや上手な利用方法について、具体的に見てみましょう。

ポイント還元のしくみ

ポイントカードを発行するには、企業側、顧客側それぞれのメリットがあります。
まず企業側のメリットとして、顧客の囲い込みができることです。ポイントを貯めるためにと、再来店するように自然と促し、継続的に利用してもらえます。また他店との差別化にも役立ち、顧客一人当たりの単価が上がるというメリットもあります。

ほかにも顧客情報を取得できること、大きな利益を与えてくれる優良顧客を把握できることもメリットです。顧客の満足度が上がることで、さらに継続的に利益を生み出してくれることにつながり、その優良顧客の満足度を上げる方法が、ポイント還元でもあるのです。

つぎに顧客側のメリットですが、ポイントカードを提示することで、ポイントが貯まり、次回以降にポイント分の割引が受けられたり、クーポンがもらえたりします。ポイントカードの購入履歴から、顧客のニーズに合ったクーポンが提供されることもあるので、満足度の高い買い物につながるのです。

ポイント還元は損?

顧客がポイントを貯めるために再来店してくれることは、企業側にとってはメリットです。一方顧客側にとっては、デメリットでもあります。

ポイントを貯めたいという気持ちから、無駄遣いをしてしまうのです。ポイントアップデーでは、ポイント還元率が高いからといって、必要のない物を買ってしまったり、まとめ買いしてしまったりすることがあります。少しでもお得な買い物がしたいという気持ちから、かえって無駄遣いを誘発してしまうのです。

また何か物を購入するときには、質と価格を他店と比較し、納得のいく方を購入するでしょう。しかし、安い値段で購入することよりも、ポイントを貯めたい気持ちが優先してしまい、比較をしなくなることで結果として高い買い物をしてしまうことがあるのです。節約のためにと思ってしたことが、逆に無駄遣いになっていることもあるので気をつけたいですね。

上手なお金の使い方

ポイントカードは使い方によっては無駄遣いにつながることがありますが、上手に利用することで、持つ価値のあるものにもなります。

日常的に利用するお店のポイントカードのみに厳選し、財布の中をすっきりさせましょう。主婦の意見として、また行くかもしれないからという理由で作ったお店のポイントカードは、必要ないと感じる方も多いようです。有効期限があったり、ポイント還元率が低かったりと、ただ財布をパンパンにしてしまう原因になってしまいます。

家電量販店では、一度の購入金額が高い場合が多く、またポイント還元率が高いことも多いので、ポイントカードを作っておくと良い場合があります。しかし、ポイントには有効期限があることもあり、ポイントが失効してしまってはお得な買い物とは言えませんね。

また貯まったポイントを、余計なものに使ってしまうこともあるかもしれません。次に家電製品を買う予定がある場合には、ポイント還元率の高い商品を購入し、貯まったポイントを次回の買い物で利用すれば良いでしょう。買う予定がない場合には、ポイント還元率の高い商品よりも、現金値引きの大きな商品を選ぶことがおすすめです。

ーまとめー

ポイントに振り回されるのではなく、自分の気持ちをコントロールしながら利用する方法が良いのではないでしょうか。自分に必要なポイントカードを厳選し、また必要のないポイントカードは作らないようにするなど、ルールを決めて上手に利用しましょう。

人気の記事

あわせて読みたい