page_top
人気記事ランキング

将来のお金の不安に立ち向かうために、必要なのは?

カトウマモル
編集/ライター
マーケティングコンサルタント
2017年10月02日

「人生100年時代」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「人生100年時代」とは、100歳まで生きるのがあたりまえになる時代のこと。現在の平均寿命の伸びから考えると、「人生100年時代」はもうすぐ訪れるだろう、といわれています。

では、100歳まで生きる将来を、あなたは想像できますか?

自分が100歳の時に、世の中はどうなっているのか、お金は大丈夫か、どんな生活をしているのか、自分は健康なのか…考え始めれば不安は尽きないのではないでしょうか。

とはいえ、不安だとばかり言っていても始まりません。今回はとくに将来の不安の中でも多くあげられる、「お金」の不安に立ち向かうためにどうすればよいか、考えます。

将来の不安の第1位は「お金」

将来のお金に関する不安。一体、どれほど強いのでしょうか?

SMBC日興証券が行ったアンケートによると、「人生100年時代が到来することに不安を感じる」と回答した人は実に7割にも達しています。不安なのが普通、といえるかもしれません。

SMBC日興証券「FROGGY」調べ

さらにこの調査では、不安の原因となっているものを紐解いています。健康や仕事、家族や友人関係をおさえて堂々の1位となったのが「お金」。「人生100年時代が到来することに不安を感じる」と回答した人のなんと9割以上が「お金の問題が不安」と答えているのです。

SMBC日興証券「FROGGY」調べ

どうやら、将来のお金に関する不安は強い、というのは間違いなさそうです。

将来のお金が不安になる理由はいくらでもある?

なぜここまで将来のお金への不安が強いのでしょうか?

ひとつには、日本で高齢化社会が進行しているということと、それに伴い公的年金への不安が強まっていることがあげられるでしょう。「老後暮らしに困らない十分な金額の年金はもらえなくなっていく」という考えが広がりつつあり、その点が老後のお金の不安につながっています。

さらに挙げられるのが、正しい情報が不足していることかもしれません。「老後必要なお金はいくら?」というような情報は書籍や、インターネット上のさまざまな記事でも見ることができますが、実際に入ってくる情報はバラバラで、どれが正しいのか分からない…という状況は、不安の要因となるでしょう。

また、お金に関する知識や、資産形成プランが不足していることが、不安の要因となっているケースが多く見受けられます。とりあえず貯金はしている。でもそれでいいのかも、どれくらい貯金すればいいのかも分からない、という状況では、当然不安を抱えることになります。

もちろん、ここにあげているのは基本的なものではありますが、一例に過ぎません。将来のお金が不安になる理由は、人それぞれ、いくらでも思い浮かぶものかもしれません。

将来の不安に立ち向かうために重要な、「正しいお金の知識」

年金で生活できるかもわからないし、正しい情報がなにかもわからないし、自分のお金や資産をどうするかも定まっていない。さらに自分の健康や家庭環境など、さまざまな個別の要因が追い討ちをかけてくる…。

これでは将来のお金が不安になるのは当然のことです。そこでおすすめしたいのが、「正しいお金の知識」を身につけること。

年金についていえば、自分の受給額についてはねんきんネットのような、シミュレーションできるWebサイトで一度シミュレーションしてみると良いかもしません。おおよその受給イメージがつけば、たとえば生活に十分な額なのか、不足する場合にはどのようにその不足を埋めれば良いのか、など、具体的な対策を考える段階に移ることができます。

書籍やインターネット上の記事については、まず情報を精査してみることが必要です。ファイナンシャルプランナーなどの有資格者や専門家が書いているものであれば、通常正確な情報であると考えられますが、一部には編集部や専門知識が十分ではない記者が、極端な例を取り上げているだけのケースもあります。

情報を精査したうえで問題なさそうであれば、書籍や記事の内容を自分に当てはめると、どうなるかを考えてみましょう。記入されている○○万円という数字は、多くの場合、一定の前提をおいて算出した数字です。その中に記載されている考え方や計算式をもとに、自分なりのシミュレーションをしてみることで、実態が見えてきます。

関連記事:老後資金はいくら貯めればよいのか?

お金に関する知識や資産形成プランの策定については、自分で調べてみるだけでは不安であれば、保険会社や証券会社等が開催しているセミナーに行ってみる、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみるなどの方法を取ることにより、基礎的な知識を身につけたうえで、自分に合った資産形成について考えると良いでしょう。

将来のお金の不安に立ち向かうために知り、考え、行動を起こそう

お金の問題は、生活に直結するもの。今すぐすべての不安を拭うことができるわけではありません。それでも、不安に立ち向かうために、まずは正確な情報を集め、正しい知識を身に着けましょう。そのうえで、今の自分がすべきことが何かを考え、将来に向けた行動を起こしましょう。

年齢や状況に応じて、どのような行動が必要かは異なりますが、少しでも早く行動を起こしておけば、その分しっかり備えられるはず。正しい知識に基づいた準備を進めて、将来の不安に立ち向かいましょう!

人気の記事

あわせて読みたい