page_top
人気記事ランキング

将来の年金が不安、海外移住はどの国が向いているのか

JENNIE 編集部
2018年02月28日

「仕事もリタイアし、子育ても終わった。これからは好きなことが自由にできる!」と夢広がる老後の暮らし。中には海外移住やロングステイを考える人もいるのではないでしょうか?ただ、コストや治安面を考えると不安もつきものです。

年金生活で快適な移住をまかなうという視点で、条件の比較的揃った3か国をご紹介します。

東南アジアが第一候補

夢の海外暮らしをかなえる移住先として、北米や欧州、豪州を夢見る人は少なくないでしょう。しかし、生活コストの問題を考慮すると、そうした地域に移住するにはよほどの経済力がないと厳しいといえます。また、定年退職者が海外に定住する際に必要となる「リタイアメントビザ」ですが、欧州・豪州各国では相当の資産を持ち合わせていないと取得が困難です。

ビザの問題をクリアした上で、生活を年金でまかなうことを前提とすれば、やはり日本より生活費が低いアジア圏が安心です。特に東南アジアの国がベターな選択といえるでしょう。治安、気候、言語環境、医療インフラ、日本からのアクセスを考えても、安心な要素が比較的揃っています。

タイを例にとると、現地管理職の平均月給が12万~13万円。日本人が比較的余裕のある生活を考えるなら、このへんが生活費の目安になるでしょう。公的年金(厚生年金)を満額受給できる夫婦なら、十分にまかなる額ですが、国民年金の場合は、満額受給でおよそ13万円。ギリギリの生活となることも想定されます。

おすすめの国1.タイ

月10万円の予算で、日本の30万円相当の生活ができるともいわれています。15万円もあれば余裕のある生活ができるでしょう。

首都のバンコクなら日本食レストランや日本食材店、日本語の通じる医療機関などが揃っていて、言語や生活面では比較的安心です。日本並みの生活を望むならバンコクがベストですが、安いコストや現地らしい生活を求めるなら、北部のチェンマイなどが人気があります。

リタイアメントビザに関しては、50歳以上で現金預金額が80万バーツ(およそ277万円)か、年金受給額が6万5000バーツ(およそ22万5000円)以上で取得できます。

医療面では、国民健康保険やクレジットカード付帯の保険が利用でき、インフラ整備もしっかりしているので安心です。(ただし、国民健康保険への加入を継続するためには、日本国内に住民票を置くことが条件。海外療養費は、帰国時に手続きすることになります。)

おすすめの国2.マレーシア

タイと同じく、日本のおよそ3分の1が生活費の目安となります。首都クアラランプールでも、家賃数万円でプール付きの賃貸物件に住むことも可能です。タイよりはややリッチな暮らしを望む層が多く移住するといわれています。

リタイアメントビザに関しては、35万リンギット(およそ964万円)以上の資産証明に加え、月額1万リンギット(およそ27万5000円)以上の収入証明か公的年金の受給、15万リンギット(およそ413万円)以上の現地定期預金が条件となっています。

タイと同様に医療インフラも安心で、日本の健康保険が使える点も安心材料です。政情や治安も比較的安定しています。

おすすめの国3.モロッコ

やはりアジアよりヨーロッパ志向という場合は、スペインの対岸にある北アフリカのモロッコはいかがでしょうか。映画「カサブランカ」で知られるモロッコは、観光地として人気の国です。ヨーロッパ風の街並みや生活が楽しめるほか、欧州へのアクセスも至便なため、モロッコをベースに欧州各地を周遊することもできます。

対して、生活費はアジア並みといわれていて、月500ドル(およそ5万6000円)程度、最大の都市カサブランカでも1000ドル(およそ11万2000円)程度あれば生活できるといいます。参考に、首都のラバトで安価な部類の賃貸物件は家賃およそ100ドル(およそ1万1000円)です。日本からの距離は少し遠くなりますが、欧米化された生活スタイルで馴染みやすいです。

リタイアメントビザに相当するのは「年金・金利生活用滞在許可証」ですが、年齢規定はありません。条件は、年金を受給しているか、金利生活者であることを証明する収入源書類を提出することですが、金額に規定はありません。

※レートは2017年12月現在のものです。

ーまとめー

リタイア後の移住先として以前から注目されているタイやマレーシアに加え、モロッコという新たな選択肢もあることがわかりました。年齢を重ねると、医療費や介護費用など、万が一のための預金も必要となってきますから、移住先をどこに選ぶにしても、経済的な余裕を持った生活設計図を描くことが重要です。今のうちから情報収集とシミュレーションを重ねておくとよいかもしれません。

人気の記事

あわせて読みたい