page_top
人気記事ランキング

初めて確定申告する人向け!e-Tax利用前にやるべき準備を解説

JENNIE 編集部
2018年02月05日

確定申告が楽にできる電子申告(e-Tax)を利用するためには、税務署への事前申請など諸手続きが必要です。初めて確定申告をする人に向けて、やっておくべき事前準備と方法を解説しましょう。

事前準備1:e-Taxが利用できるパソコン環境か確認

国税庁の電子申告・納税システム(e-Tax)を利用する前には、自分のパソコンが、指定された推奨環境を満たしているかどうか、確認しておかなければなりません。国税庁のサイトには、Windows端末およびMacintosh端末のそれぞれに関して、OSとブラウザ、PDF閲覧に必要な環境が記載されています。最新情報は、公式サイトで確認しておくと安心です。

もし、システム環境に関してわからないことがある場合には、全国一律市内通話料金で使えるヘルプデスクのナビダイヤル(0570-01-5901)も活用してみましょう。ナビダイヤルがつながらない電話回線を利用している方は、通常の電話番号03-5638-5171の利用も可能です。

なお、上記のヘルプデスクは、システム専門の窓口ですので、税金自体に関する問い合わせは受け付けされていない点に注意しましょう。

事前準備2:マイナンバーカードとICカードリーダライタの準備

e-Taxを利用して確定申告書類を税務署へ送信する際、適切に本人確認を行うために電子認証システムが導入されています。この電子認証システムに対応するために、あらかじめマイナンバーカード(あるいは住民基本台帳カード)を手元に用意しておくことが必要です。

ちなみに、マイナンバーカードは、役所から配付されたマイナンバーの通知カードとは別物で、別途交付申請して取得する身分証明書ですので、間違えないようにしましょう。

上記のカードに加え、マイナンバーカード等に組み込まれている電子証明書を読み取るために、ICカードリーダライタの購入も必須となります。通常、インターネット通販や家電量販店などにて、数千円ほどで購入できますので、早めの準備をおすすめします。

なお、マイナンバーカードおよび住民基本台帳カード以外の電子証明書を利用する場合は、専用ソフトのインストールが求められる可能性もあります。それぞれの環境に応じて、適切な対処が必要です。

事前準備3:セットアップファイルのダウンロード

利用するパソコン環境と必要な付属品が準備できたら、e-Taxを利用するためのセットアップファイルをダウンロードしましょう。最新のファイル情報は、国税庁の公式サイトから入手可能です。

WindowsかMacintoshいずれかのタブをクリックするだけで、数秒程度で簡単にダウンロードを行うことができます。もし、ダウンロードがうまくいかない場合には、「確定申告書等作成コーナー」のよくある質問(2017年分の場合はこちら)で該当する項目がないか、確認することをおすすめします。

セットアップファイルのダウンロードが無事に完了したら、「確定申告書等作成コーナー」にアクセスし、トップ画面が起動できるか動作確認をして作業終了です。

なお、初めてe-Taxで確定申告する場合はもちろん、その翌年度以降も毎年セットアップファイルのダウンロードは必要となりますので、覚えておきましょう。

事前準備4:e-Taxの開始届出書の提出

実際にe-Taxで確定申告をするにあたり、事前に税務署へその旨を届出しておく必要があります。届出の方法は、書面による指定様式の提出か、インターネットでの届出のいずれかから、自分の都合にあわせて選択が可能です。具体的な届出の手順は以下のとおりとなります。

いずれの場合も届出の期限はe-Taxの利用開始前です。特に、書面で届出を行う場合には、日程に余裕を持って行いましょう。

■インターネットで届出する方法
公式サイトの「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー」にアクセスし、画面にしたがって必要事項を入力していきましょう。初めてe-Taxを利用するときには、最初にオンラインで「利用者識別番号」の取得をしたあと、開始の届出をする手続きに入るのが通常のステップです。

■書面で届出する方法
書面の方が気楽でやりやすいという方は、公式サイトから指定様式「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」をダウンロードし印刷しましょう。様式に必要事項を記載したあと、所轄の税務署窓口に持ち込みか郵送で提出します。税務署で届出書が受理されたあと、別途「利用者識別番号」と「暗証番号」が届出した本人宛に通知されます。

ーまとめー

e-Taxを活用すれば、毎年行わなければならない確定申告や納税手続きも気軽に取り組めるようになります。事前準備は、もれなく確実に、スケジュールにも余裕を持って行いたいものですね。

人気の記事

あわせて読みたい