page_top
人気記事ランキング

産卵リスクでよくわかる、アセットアロケーションの考えかた

JENNIE 編集部
2017年10月02日

運用に伴う様々なリスクを低減しつつ、効率的なリターンを目指す上で、投資資金を複数の異なった資産(アセット)に配分(アロケーション)して運用することをいいます。
一般に投資先として債券、株式、外国証券、不動産等などが挙げられ、これらの資産の区分をアセットクラスといい、ポートフォリオ全体における各アセットクラスの組入れ比率を決定することをいいます。一般にアセットアロケーションは、運用パフォーマンスの良し悪しの相当部分(約80~90%)を左右すると言われています。

アセットアロケーションの考え方を、鳥の産卵で例えたインフォグラフィックスです。

アセットアロケーションの考え方を、鳥の産卵で例えたインフォグラフィックスです。

人気の記事

あわせて読みたい