page_top
人気記事ランキング

健康に長生きしよう!健康寿命と平均寿命の違い

JENNIE 編集部
2019年11月26日

高齢化社会が加速していく日本。長寿は喜ばしいことではありますが、その一方で寝たきりの高齢者も増加し、介護する側もされる側も負担は増加しています。「平均寿命」という言葉は、聞いたことがある人も多いと思います。では、「健康寿命」という言葉は知っているでしょうか。幸せな老後を送るためには、この「健康寿命」がとても重要といえます。今回は、「平均寿命」と「健康寿命」の違いは何なのか、また、健康で元気な老後を送るために何ができるのか、について考えていきたいと思います。

健康寿命って何?

健康寿命とは、健康的に自立していて、健康面で誰の手も借りずに日常生活を送ることのできる期間です。2018年厚生労働省の発表では、男性は71.19歳、女性は74.21歳です。平均寿命との差は、男性9.02年、女性12.4年です。つまり、それだけ長い期間、健康的な日常生活を送れないということです。長寿は素晴らしいことですが、いくら長生きをしても、健康的に生きられない期間が長いだけでは、本当の幸せとはいえません。平均寿命が延びている一方で、平均寿命と健康寿命の差はあまり縮まっていないのが現状です。健康寿命を延ばすためにはどうしたら良いのでしょうか。

平均寿命って何?

平均寿命とは、厚生労働省が示す、その年に生まれた子どもが平均で何年生きられるかという数値です。2018年の発表では、男性80.21歳、女性86.61歳です。戦後70年で、30歳以上伸びており、日本は世界で例のない長寿大国になっています。
平均寿命が延びた原因として考えられることは、まず、医療の進歩です。医療が飛躍的に進歩したため、今まで救えなかった病気やケガを治療して治すことができるようになりました。また、日本は医療制度が充実しており、誰でも必要な医療を受けることができるようになったことも、大きな要因といえます。医療はまだまだ進歩しており、今後もさらに平均寿命は延びていく可能性があります。

健康寿命を延ばそう!

老後を幸せに過ごすためには、健康寿命を延ばすことが重要です。では健康寿命を延ばすためには、どうしたら良いのでしょうか。厚生労働省では、スマート・ライフ・プロジェクトという運動がすすめられています。どのような運動なのか具体的に紹介していきたいと思います。

1.適度な運動
毎日の生活に10分運動をプラスすることが薦められています。おすすめはウォーキングです。1日で男性は9,000歩、女性は8,000歩平均で歩いています。そこにあと1,000歩プラスしてみましょう。
例えば一駅分歩いたり、近所へ出かける際は車ではなく徒歩で行くなど、ちょっとした心がけで簡単に増やすことができます。少し早歩きをするとさらに効果的です。

2.適度な食生活
いつもの食生活に、さらに70グラムの野菜をプラスすることが薦められています。日本人は、1日平均250グラム野菜をとっているそうです。そこへあと70グラム野菜をプラスしてみましょう。70グラムというと、小鉢1皿分の量です。それほど多い量ではありませんのでぜひ試してみましょう。

3.禁煙
タバコには、有害物質が4000種類も含まれています。日常的に吸うことにより、体内に蓄積され、健康を脅かします。禁煙すると健康的になれるだけでなく、肌にも良い影響を与え、見た目も若々しくなります。
これらのことにプラスして、定期的な検診を行うことが推奨されています。早期には、自分では病気に気が付かないことが多くあります。定期的に検診を受け、自分の体の状態をしっかり把握しておきましょう。

ーまとめー

いつまでも健康で元気に過ごすことは、自分の幸せはもちろん、家族の幸せにもつながっていきます。また、健康寿命を延ばすということは、医療費や介護費用の負担も減らすことができます。日ごろから、健康寿命を延ばすためにできることを心がけるようにしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。