page_top
人気記事ランキング

良い歯医者の選び方

JENNIE 編集部
2019年06月03日

歯医者の数は、コンビニの数よりも多いと言われています。そんな数ある歯医者の中から、自分に合った良い歯医者を見つけることは簡単ではありませんね。そこでこちらでは、良い歯医者を選ぶポイントについてご紹介します。

受診前にチェックするポイント

まず受診前にチェックしたいポイントがあります。

歯について気になるところが出てきたら、まず電話で問い合わせをしてみましょう。問い合わせに対して、丁寧で的確な対応をしてくれるスタッフがいる歯医者は、教育が行き届いています。満足のいく対応をしてもらえたと感じたならば、予約を取って一度診察してもらうと良いでしょう。

しかし初めての歯医者にかかるときには、どの歯医者に問い合わせるか迷われるかもしれません。そのときに参考にしたいものが、ホームページです。院長の経歴や、どのような治療を得意としているかがわかります。

設備の写真や、治療費の料金について載っているような、情報が多いホームページを持つ歯医者であれば、安心できます。内容に納得でき、相談してみたいと感じる歯医者に問い合わせてみましょう。同時に、開業してからの年数なども、確認しておくことがおすすめです。年数の経っている歯医者は、長年支持されてきているという証でもあります。

実際に歯医者に行ったときにも確認しておきいポイントがあります。それは受付スタッフの対応と、院内の雰囲気です。

まず受付スタッフですが、歯医者の顔として、丁寧な対応をしてくれるかどうかです。治療において気になった点を質問しても、しっかり回答してくれるスタッフであれば、なお安心です。

また待合室では、スリッパの年季が入っていたり、ポスターが破れていたりするような場合には、不衛生な印象を与えてしまいます。清潔感のある明るい雰囲気の待合室であれば、衛生的に治療が受けられる安心感につながります。

問診や治療中に分かることもある

歯科医師の腕が良いことはもちろん大きなポイントですが、患者の訴える症状にしっかり耳を傾けてくれるかどうかも大切です。問診や検査に時間をかけてくれる歯医者は良い歯医者です。初回だけでなく、毎回治療についての説明があることも重要です。

レントゲン写真を見せながら説明してもらえると、自分の歯の症状が理解しやすく、治療の途中経過でも、鏡で映しながら状況を説明してもらえるとわかりやすいですね。一般的には、説明に時間を取ることは、大勢の患者さんの治療をする中では難しいことでもあります。そんな中でも、治療内容や料金などどんなことでも気軽に聞けることは重要です。

一方で、患者の訴える部分のみの治療を行う歯医者は、心配です。歯は、全体のバランスが大切であり、症状の原因はどこにあるかわからないものです。全体をチェックした上で、気になる症状を取り除く治療を行う歯医者が、良い歯医者と言えるでしょう。

また歯に問題のない人に対しても、予防歯科を積極的に行っているかという点もポイントです。虫歯や歯周病にならないために、定期的にメンテナンスすることで、健康な状態を維持できます。また治療が終わった人も、時期を見てチェックしてもらうことで、辛い治療の機会を軽減できます。またブラッシング指導では、正しい歯磨きの方法を教えてもらうことで、自宅でも予防することもできます。

納得がいかない場合は歯医者を変える

もし歯医者に通って、納得がいかない、自分に合わないと思った場合には、治療の途中であっても歯医者を変えることをおすすめします。歯の治療には、長い期間かかるものもあります。無理をして通い続けるよりも、セカンドオピニオンを選択することもできるのです。

他の歯医者に変える場合には、スムーズな治療を進めるために、これまでの治療についてしっかり説明しましょう。専門的な言葉で伝えられなくても、自分のわかる範囲で伝えれば、次の歯医者ではご自分に合った治療を行ってくれるでしょう。

ーまとめー

良い歯医者を選ぶポイントを参考にしながら、ご自分に合った歯医者を見つけられると良いですね。もし、通ってみて納得のいかない場合には、思い切って他の歯医者に変えましょう。ご自分の歯は、自分でしっかり守りたいですね。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。