page_top
人気記事ランキング

充実した老後を過ごしたい!老後の不安を解消する方法を紹介

JENNIE 編集部
2018年11月05日

老後の生活を考えた時、不安になることってありませんか?不安が強すぎて現在の生活に支障をきたしてもよくありません。少しでも安心して老後の生活を送れるように、老後の不安を解消するために、今できることをご紹介します。参考にしてみてください。

老後不安に思うこと

あなたは、老後どのようなことに不安を感じますか?漠然と不安に思っている方もいるかもしれませんね。厚生労働省が2016年に実施した「高齢社会に関する意識調査」では、高齢期の一人暮らしの生活について不安を感じている人の割合は8割以上でした。

体力の衰え、大きな病気やケガ、配偶者の死、老後の収入、認知症などが具体的な不安としてあげられます。多く心配されるのが、体力の衰え、病気など身体的な部分と定年後の収入面です。長年連れ添った配偶者の死も精神的ダメージは大きく、悲しい別れをきっかけに心身のバランスを崩してしまうこともあるため、注意が必要です。

誰もが、加齢によって体力的にも精神的にも衰えを感じます。今から老後の生活について、暮らし方や生き方について考えておきましょう。

老後のために今できること

まずは、自分の健康を維持することを考えましょう。加齢とともに体力や免疫力が低下し、大きな病気にかかりやすくなります。健康でいれば老後の生活を圧迫する医療費を安く抑えることができますし、老後も長く働くことができ、収入を確保することができます。幸せな老後のためには、まず自分が健康でいることが大切です。

具体的には、規則正しい生活習慣、質の良い睡眠、食事、運動などを意識することが健康な体づくりにつながります。健康維持に無理は禁物です。急にジムなどでハードな運動を始めるよりも、毎朝体重を量り記録する、毎日スクワットを30回3セットする、日付が変わる前に寝るなど継続してできることを取り入れ、徐々に体質を改善し健康な状態にしていくことが大切です。

また、貯蓄可能額や老後の収支について知っておくことも大切です。まず、現在と老後の収支について考えてみましょう。退職金や年金支給額がどれくらいか把握しておくことが重要です。十分な貯蓄がない場合、老後の収入源は退職金と年金となります。

そして、月々使える金額を知っておきましょう。ファイナンシャルプランナーに相談して、老後のシミュレーションを作成することも可能です。介護が必要になって施設へ入所することもあるかもしれません。不測の事態に備えておく必要もあります。

以上を把握して、現役の今のうちから老後の金銭対策を考えるようにしましょう。

充実した老後生活を送るために

老後、年金だけで満足な生活を送ることは難しいため、スキルを身につけておくと定年後も長く働くことができます。定年に関係なく働ける仕事は、ファイナンシャルプランナー、行政書士、社会労務士などがあります。パソコンを使って文章を書くなどの仕事をするクラウドソーシングというサービスや、作物を育ててスーパーや道の駅に卸売りするという方法もあります。

配偶者が亡くなり、こどもが独立すると、一人で生活することとなります。家族や地域との交流がないと社会的に孤立してしまい、病院に行くのが遅れ、重症化してしまったり、孤独死したり、ということも考えられます。

同じ趣味などを持つ人たちと交流したり、近所や地域のイベントへ参加したり、こどもの近くに引っ越すことで交流の機会を持つようにしましょう。趣味を持つことは、仲間との交流だけでなく、生活に楽しみができ、刺激や新鮮さが加わり、さらに充実した生活を送ることにつながります。

ーまとめー

老後の生活を考えると体のことやお金のこと、さまざまなことに不安に感じてしまうかもしれませんが、現役時代から老後に備えていたことで、幸せな老後の生活を送っている方もいます。貯蓄を始めたり、人とのつながりを大切にしたり、今から老後に備えておくことで、不安を少しでも解消し、充実した老後を過ごしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい