page_top
人気記事ランキング

iDeCoは解約できない?支払いが厳しくなったときの対処法

JENNIE 編集部
2019年10月18日

iDeCoの加入者は年々増加傾向にありますが、支払いが厳しくなって途中解約したいという人も少なくありません。途中解約はできないiDeCoですが、例外的に解約できる場合や、負担を減らして続ける方法もあります。今回は、iDeCoの支払いが厳しくなった場合の対処法をご紹介します。

iDeCoの基本

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。老後の資産形成を目的とする制度で、20歳から60歳未満であればほとんどの人が加入できます。掛け金は月々5,000円からで、上限は自営業者や会社員、主婦など加入区分によって異なります。2018年からは年払いもできるようになったため、ボーナス月などにまとめて支払うことも可能になりました。
資産形成といえば従来は貯蓄によるものが主でしたが、預貯金の金利が低い時代になり貯金のみの資産形成は難しくなってきました。そこで、だれでも自由に老後のための資産運用ができるような仕組みとして登場した制度がiDeCoです。iDeCoは、毎月自分で決めた金額を積み立てて、自分で運用して老後の資産形成を行うことができます。運用商品には元本保証のものと元本が変動するリスク商品があり、運用中に運用商品の変更や売却をすることも可能です。
自分自身で自分の老後のために積み立てるためのiDeCoですが、引き出すタイミングはiDeCo を始めてから10年以上、60歳を過ぎないと自由にはなりません。人はお金があると気持ちがゆるんでしまい、使ってしまう傾向にあるため、中途解約などして老後の資産を使ってしまわないような仕組みになっているのです。

例外的に解約できることもある

原則として60歳を過ぎないと引き出すことができないiDeCoですが、条件によっては例外もあります。
国民年金の保険料納付を免除されている、通算拠出期間が3年以下であるか、個人別管理資産が25万以下であるなど5つの条件を満たすことで脱退一時金を受け取ることが可能です。その条件に当てはまるかどうかはiDeCoポータルサイトで確認することができますが、5つの条件に当てはまる人はほとんどいないのも現実です。
また、加入者が病気やけがで障害を負ってしまった場合には障害一時金、または障害年金として例外的にお金を受け取ることができます。さらに、加入者が死亡してしまった場合にも受け取ることが可能です。加入者が死亡した場合、iDeCoは解約扱いとなり遺族が死亡一時金として受け取ることになります。その場合、遺族が死亡一時金を受け取る場合は、遺族が請求する必要があります。そのため、遺族がiDeCoの存在を知らなかったり、運用している金融機関を知らなかったりする場合は死亡一時金の請求ができず、受け取ることができなくなってしまいます。iDeCoに加入する際には、あらかじめ家族に伝えておくか、文書で残しておくと良いでしょう。

解約せずに続ける方法

途中で解約することが難しいiDeCoですが、転職や家庭の事情などで続けることが難しくなる場合もあるでしょう。そのような場合にiDeCoを解約せずに負担を抑えて続ける方法があります。

・掛け金を下げる
掛け金は1年に1度だけ変更することが可能です。iDeCoの月々の最低掛け金が5,000円なので、それよりも高い金額で設定している場合は、掛け金を減らすことで負担を抑えることができます。変更方法はどこの証券会社でも同じで、自分がiDeCoを運用している証券会社から「加入者掛金変更届」を取り寄せ、必要事項を記入して返信する流れになっています。

・一時休止する
掛け金の支払いが難しい場合には、「資格喪失届」を提出することで、運用指図者になることができます。運用指図者は、毎月の拠出をせずに今まで積み立てた分の運用を続けることが可能です。積み立てた分のお金を引き出すことはできませんが、iDeCoの税制優遇を継続して受けることができ、掛け金の支払いが可能になれば再び加入者に戻ることもできます。しかし、口座管理や運用にかかる手数料は引き続きかかることになるので、注意が必要です。

ーまとめー

iDeCoは老後のための資産形成として有効な手段ではありますが、途中解約が難しいものであるため、無理のない金額で続けることが大切です。最初は低めの金額設定にしておき、何かあったときのためのまとまったお金が準備できてから掛け金を上げるなど、長く続けるための方法を考えて掛け金を設定することをおすすめします。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。