page_top
人気記事ランキング

どうしてお金が貯まらない?その原因と対策を考えよう!

JENNIE 編集部
2019年09月18日

「お金がない」と漠然と不安に思ってしまう人はいませんか?お金がない原因を見極め、それに対する対策を実行することで、その不安が解消されるかもしれません。今回は、なぜお金が貯まらないのか、その原因と改善策について考えていきたいと思います。

家計におけるお金の流れを考えてみよう

お金の流れはとてもシンプルです。まず収入があり、そこから生活費などの支出を差し引いた金額が貯蓄となって手元に残ります。収入が支出より多いと貯金額は増えていきますが、逆に収入よりも支出が多いと、赤字となり貯蓄が増えるどころか、もともとの貯蓄を崩さなくてはなりません。
これらのことから、「お金がない」ということは、つまりは、「収入が少ない」、もしくは「支出が多い」ということが原因と考えられます。漠然と「お金がない」と考えるよりは、自分の家計のお金がない原因を突き止めて、対策を考えることが重要です。

支出を減らすには

まず、お金がない大きな原因となる支出について考えていきたいと思います。
支出には、「固定費」と「変動費」があります。「固定費」とは、毎月同じ金額が引き落とされる支出で、居住費、通信費、保険料、教育費などがあります。一方、「変動費」は、毎月の金額が変動する支出で、食費や水道光熱費、日用品、被服費、医療費などがあげられます。
まずは、固定費を見直してみましょう。自動的に引き落とされる固定費を見直すことで、自然とお金が手元に残るようになります。まず、保険の見直しが効果的です。保険は、ライフステージによって必要な保障が変わるため、結婚や出産、子どもの成長や独立によって、その都度保険を見直し、過剰な掛け金だった場合は保険プランを見直すと大きな節約になります。また、通信費は、現在はさまざまな会社が多くのプランを提案しており、自分のライフスタイルに合った会社やプランに変更するだけで、月々数千円の差がでることもあります。ほかにも住宅ローンの借り換えをしたり、不要なWebサービスの見直しや、電力会社を替えてみるのもおすすめです。
次に変動費の節約方法についていくつかご紹介します。
まずは、毎月いくら使っているのか把握することが大切です。簡単に家計が把握できる家計簿アプリなどもありますので、家計の動きを意識してみましょう。また、先に予算を決めることも大切です。予算を意識すると、よく考えて選ぶようになりますし、無駄な買い物をしなくなります。さらに衝動買いをやめることでかなりの節約になります。欲しい物はリストアップしておき、それ以外の物はその場で衝動買いをしないようにしましょう。

収入を増やすには

次に、収入を増やす方法をいくつかご紹介します。

・転職する
給与の高い企業に転職できれば、収入を増やすことができます。また、収入は同じ企業でも、休日や帰宅時間が早まれば、その分自分の時間が増えるため、副業や投資をする時間が多くなり、結果として収入が増える可能性があります。

・資格取得で給料アップ
会社を替えなくても、資格取得や昇任で給料がアップする可能性があります。職場の制度を確認してみましょう。

・副業で稼ぐ
最近は本業以外にも仕事をして、お金を稼いでいる人も多くいます。ただ、副業に力を入れすぎて本業がおろそかになったり、やりすぎて体を壊してしまうようなことがないように気をつけましょう。

・投資をする
株式投資や投資信託はリターンも多く、収入を増やすのに効果的です。しかし、リスクも大きいため、事前にしっかり勉強し知識を身につけてから行うようにしましょう。リスクが心配な人は、個人向け国債や個人向け社債などがおすすめです。株式などよりリターンは少ないですが、銀行に預けるよりも多くの利息を受け取ることができ、リスクが少ないメリットがあります。いずれにせよ、始める前に、きちんと知識を身につけてから行うことが大切です。

ーまとめー

人が生活していくうえで、お金の問題はとても大切なことです。収入と支出のバランスを考え、自分のライフスタイルに合ったお金の使い方を考えましょう。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。