page_top
人気記事ランキング

株を長期で保有して優遇されよう!

JENNIE 編集部
2019年07月22日

株主になると、持っている株式の数によってさまざまな株主優待券などがもらえることはご存知の方も多いでしょう。しかし、株にはそれ以外にも、長く保有すればするほど、お得な優待が受けられる銘柄もあるのです。今回はそんな、株式の長期保有優遇制度についてご紹介していきます。

長期保有の株主が優遇される理由

株を持っているだけでも株主優待券をもらうことができますが、なぜ株式を長期間保有していると、さらにメリットがあるように設定したのでしょうか?
多くの人が、魅力的な優待内容を目当てにその会社の株式を購入しますが、権利確定日をすぎるとすぐ、配当や優待相当分を調節するために、株式の値が変動するケースがみられます。人気が高くなりすぎた銘柄では、権利確定の日に優待権利をもらってすぐに売ってしまうことがあります。そうすると、売り注文が殺到して、株の値が大きくマイナスになってしまうというわけなのです。
ですが、長く株を保有してくれる株主が多ければ多いほど、株の売買がおだやかになるため、株価の安定につながります。また、株式公開買い付け、TOBによる敵対的買収の対応策にもなります。さらに株式を長く保有する企業のファンが増えれば、会社の業績にもプラスとなるでしょう。このような理由から、株式の長期保有優遇制度が生まれました。

長期保有がお得な銘柄の一部を紹介

株式の長期保有優遇制度を設けているのは、どういった企業なのでしょうか?続いては、長く株式を保有しているとお得な優待のある銘柄を、いくつかご紹介しましょう。
家電量販店の大手であるビックカメラでは、通常100株以上保有で年二回、買い物優待券が送られます。それに加え、確定日の8月末の時点で1年以上保有していると、買い物優待券が1枚、2年以上で2枚プラスされます。ディズニーランドを運営するオリエンタルランドでは、通常100株以上保有で、東京ディズニーランドのワンデーパスポートが1枚株主優待されます。そして、5年ごとのアニバーサリーイヤーには、基準日に応じて2枚から4枚のワンデーパスポートが追加されます。ヤマダ電機では、通常100株以上の保有で優待割引券がもらえます。そして、1年以上保有していると3枚、2年以上保有で4枚、優待割引券が追加されるのです。

長期保有する銘柄を選ぶ際のポイント

株式を長期保有することで得られる特典を導入する企業は、年々増加傾向にあります。しかし、長く保有する株式であればあるほど、選ぶときのチェックポイントを忘れてはいけません。
まず注意しなければならない点は、株主優待券にはほとんどの場合、期限が設けられていることです。つまり、いくら魅力的な優待内容だったとしても、優待券を使う機会がないまま期限がすぎてしまえば、ただの紙切れになってしまいます。そのため、よく利用するサービスやお店の銘柄を選ぶことが大切です。
また、1,000円分の割引券と20%割引券を比較すると、買い物の金額によっては20%割引券の方がお得なこともあります。どういった優待内容があなたにとって一番お得か、しっかりと比較検討することも大切です。
さらに、長く保有するときには、業績が安定していて、優待が廃止になりにくい銘柄を選ぶ必要があります。長期保有の優待制度を受けられると思っていたら、業績が悪化し、優待がなくなってしまったというケースは避けたいです。そのため、時価総額3000億円以上の、経営土台がしっかりしている大型優良株から選ぶようにしましょう。大型の株は、ある程度業績が悪化したとしても、すぐに株主優待への影響が出にくいからです。

ーまとめー

今回は、長く保有すればするほどお得な優遇が受けられる、株式の長期保有優遇制度についてご紹介しました。通常の株主優待だけではなく、長期保有優遇制度も視野に入れて、お気に入りの銘柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。