page_top
人気記事ランキング

ポイントで投資をはじめてみよう

JENNIE 編集部
2019年07月11日

「資産運用を始めてみたいけれど、リスクがあるから」と、資産運用にチャレンジできない方もいるでしょう。たしかに、せっかく稼いだお金が減ってしまうのは嫌ですよね。そんなときにおすすめなのは、携帯やショッピングで貯まったポイントを使って資産運用をする、ポイント投資です。使っていないポイントを投資に回せるため、実際にお金が減る心配もなく、資産運用初心者でも安心してチャレンジすることができます。今回は、そんなポイント投資について、仕組みや注意点をまとめてご紹介します。

ポイント投資とは?

さっそく、ポイント投資についてみていきましょう。実店舗やネット上での買い物、各種カードの利用などで、ポイントが貯まった経験はありますよね?これらの貯まったポイントは買い物のときに使えるだけでしたが、さらなるサービスとして、貯まったポイントを資産運用に回せるようになったのです。ポイントの使い道に困っていた方には、朗報ではないでしょうか?ポイント投資が可能な会社として、楽天やドコモ、セゾンなどが有名ですが、ほかにも続々とポイント投資可能な企業が登場しています。そのほかにも、クレジットカード会社と証券会社が連携した独自クレジットカードによって、ポイント投資ができるものもあります。

ポイント投資主要会社のサービスについて

続いては、主なポイント投資会社で、どのような投資ができるのかをご紹介します。
まず、100ポイントから始められる「楽天ポイント投資」です。ポイント投資を行うために、関連会社の楽天証券の口座開設をすれば、楽天証券内での投資信託の買い付けに、楽天ポイントを利用することができるようになります。また、楽天証券の口座を開設しなくても、楽天ポイントのみで投資が可能な「ポイント運用by楽天スーパーポイント」というサービスもスタート。そのため、より気軽に投資信託を体験できるようになりました。
続いては、ドコモのポイントであるdポイントで行う「dポイント投資」です。こちらは、ロボアドバイザーのTHEOを運営している会社が運用している投資信託に連動して、ポイントを運用していきます。100ポイント単位で購入ができ、アクティブコースとバランスコースの2種類から選べばいいだけなので、こちらも気軽に始めることができます。
3つめは、セゾンの発行しているクレジットカードなどの利用で貯まる永久不滅ポイントを使った「永久不滅ポイント運用サービス」です。こちらも100ポイントから投資ができ、1ポイント単位で売却が可能です。セゾンはマネックス証券などと提携しており、自動運用サービスを利用してポイント運用をします。セゾンも、ポイントでの売買のため、証券口座の開設は不要です。ポイント投資のできるクレジットカードでは、還元されたポイントを自動的に投資に回してくれます。自分からアクションを起こす必要がないため、便利なポイント運用方法といえるでしょう。

ポイント投資の注意点

気軽に始められて魅力的なポイント投資ですが、デメリットも理解してから始めましょう。
まず、投資に回せるポイントの種類は決まっていることが多く、期間限定ポイントなどは使えないことが多いです。さらにポイント運用は、ときとして何万円相当のポイントをそのまま運用することもあります。そのため、万が一運用会社が破綻したときには、現金に比べると補償が十分ではない可能性もあります。また、ポイントは相続や引き継ぎはできません。しかし、ポイント運用は一定金額までは利益が出ても控除されるため、税制上有利になることもあります。損をすることがないため、資産運用について気軽に学べる、いい機会になるのではないでしょうか。

ーまとめー

今回は、気軽に始められるポイント投資についてご紹介しました。使い道に困っているポイントがあれば、ぜひポイント投資を始めてみてください。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。