page_top
人気記事ランキング

あてにして大丈夫?自分がもらえる退職金を把握しよう!

JENNIE 編集部
2019年02月04日

退職金はもらえて当たり前と思っている方も多いかもしれませんが、今や退職金がもらえる企業は減少している状況です。老後の生活は退職金でまかなおうと考えている人は、前もって確認したり計画したりする必要がありそうです。

こちらで紹介する、ご自身の退職金と老後の備えについての考え方について、老後の人生設計に役立ててみてはいかがでしょうか。

退職金がない会社もある

そもそも退職金は、勤務先が必ず支払わなければならないものではありません。お給料のなかから積み立てておいた分を、退職時にまとめて支給するものなのです。そのため、退職金がなくてもその分が毎月のお給料に上乗せされて支払われている場合もあります。

厚生労働省による調査「平成25年就労条件総合調査結果の概況」によると、およそ4分の1の企業に退職金の制度がないという結果が出ています。この調査は従業員が30人以上の企業が対象ですので、30人未満の規模の小さい企業ともなると、退職金のない企業の割合はさらに増えることが考えられます。また、非正規雇用の場合には、ほとんどの場合退職金は期待できないと考えても良いでしょう。

老後の生活資金を考えるときには、まずご自身に退職金があるのかを確認することから始めてみましょう。退職金の有無で、老後の生活の見通しが立てやすくなります。

退職金を確認するには

では、退職金の有無はどのように確認すれば良いのでしょうか。

まずおすすめする方法は、勤め先の就業規則を読んでみることです。従業員が10人以上の企業は就業規則を作成する義務があります。一般的に就業規則に退職金についての記載がない場合には、退職金は出ないと考えて良いでしょう。就業規則は定期的に変更されることもありますので、こまめに確認する必要があります。

次に、仕事を始めるときや労働条件が変更された場合に発行される「労働条件通知書」や「労働契約書」などを確認する方法もあります。退職金が出る場合には、「労働条件通知書」に記載しておく必要がありますし、パート労働者に対しては退職金の有無を記載する義務があるからです。

では実際に退職金がもらえる場合、いくらぐらいもらえるものなのでしょうか。また一般的に老後の生活にはいくらぐらい必要かについても見てみましょう。

「平成25年就労条件総合調査結果の概況」によると、20年以上勤務して定年退職を迎えたときの退職金の平均は、高校卒で1,128万円、高校卒の管理、事務および技術職では1,673万円、大学卒で1,941万円という結果が出ています。勤続20年以上であっても、自己都合で退職した場合には退職金の平均額は下がります。一方で、早期退職をした場合には定年退職をする以上の退職金がもらえることもあります。

また、総務省の家計調査報告による老後に必要な資金は、単身世帯で毎月当たり約15万円、夫婦で約28万円という結果が出ています。ご自身の生活スタイルと照らし合わせて、必要となる資金を計算してみましょう。

退職金がない場合の老後の備え

退職金が出ない場合には、毎月のお給料のなかから老後に向けての資金を捻出する必要があります。また、住宅ローンを早めに返済しておくことやカードローンなど、マイナスの部分を減らしておくことが大事です。住宅ローンにおいては、繰り上げ返済をすることで利息分の節約ができることもありますので、老後への貯蓄の前にローンの返済を検討することをおすすめします。

また、資産運用を早めに始めることで資金作りも大きく違ってきます。老後の資金として2,000万円用意したいと考えた場合、1年で準備する資金は、40歳から資産運用を始めるときには年間100万円、30歳から始めるときには年間56万円になります。できるかぎり早く始めることで余裕ができ、あまった分はさらに貯金したり資産運用に上乗せしたり、選べる方法も広がります。

資産運用には、貯金や個人年金、ほかにも投資があります。自分の老後のための資金作りと考えれば、自分で選択し自分の力でお金を増やすことは活力になるかもしれませんね。

ーまとめー

大切なことは、退職金の有無に関わらず老後に向けての計画かもしれません。退職間近になって慌てても、お金は急に増えるものではありませんね。長期的に見据えて、できるかぎり早い段階で自分の老後をイメージし、準備しておく必要がありそうです。

人気の記事

あわせて読みたい

ABOUTJennie(ジェニー)とは?

発案者、向井洋平に聞く、Jennie立ち上げのきっかけとJennieが持つ役割とは?

Ranking月間人気記事ランキング

Keywords人気のキーワード

Mail Magazine更新情報をメールマガジンにて配信

ジェニーへの掲載記事情報やホットなお役立ち情報をメールマガジンで配信します。