page_top
人気記事ランキング

きちんと知りたい、金利の話

JENNIE 編集部
2018年12月05日

銀行で預金をするとき、住宅ローンを組むとき、さまざまなシーンで耳にする金利という言葉。しかし、「では金利とは何か?」と聞かれると困ってしまいませんか?

身近なものだからこそ、ちゃんと知っておきたい金利のお話です。

そもそも、金利とは何だろう?

金利とは、お金を一定期間、貸し借りする際にかかる値段です。

DVDをレンタルすればレンタル料金がかかります。借りる期間が短ければ料金は安く、長ければ高くなります。同じようにお金を借りたときにも料金がかかります。これが金利なのです。他のものと同様に、お金を借りる期間が短ければ安く、長ければ高くなります。

銀行預金を例に考えてみましょう。銀行では預けられる預金を使って企業や個人に貸し付けをします。つまり、預金をして得られる金利は、銀行が預金を利用させてもらう際の使用料ということなのです。

普通預金はいつでも引き出せるので流動率が高く、銀行にとっては貸し付けがしにくいお金になりますので、使用料としての金利も低く設定されています。それに対し、一定期間引き出せない定期預金は流動性が低いため、預け入れの期間に応じて使用料の金利を高く設定しているのです。

金利は割合、%で表されます。2%と3%の金利であれば、3%の方が金利は高い、ということになります。預金などをして金利を受け取る側のときは金利が高い方が良く、ローンなどで金利を支払う場合は金利が安いものを選ぶ方が有利です。

金利の上限は、法律により定められています。元金が10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上は15%です。もしもこれよりも高い金利が設定されている金融業者の場合、違法ということになります。上限までの範囲内であれば金利は自由に設定できるので、金利は金融機関や業者によりさまざまです。

金利はどうやって決まるのか?

それでは、金利はどのようにして決められているのでしょうか?

先程も述べた通り、金利は金融機関がそれぞれ設定していますが、設定に関しては一般的に以下のような要件があります。

・通貨自体の金利
それぞれの通貨単位により金利の基準は異なります。その通貨を発行する国の経済状況や信用リスクなどにより決められています。大きく分けて、政府(中央銀行)がコントロールをする短期金利と、市場により決められる長期金利があり、それぞれがその通貨の金利の基準になるのです。一般的には10年ものの国債の金利が長期金利になります。

・借り手の信用力
借り手の信用力が低いと、当然返してもらえないリスクが高まるため、金利は高く設定されます。信用リスクを反映した金利の設定がなされます。

・返済までの期間
返済期間も金利に大きく影響します。通常、返済期間が短いほど返してもらえる確率が高いため金利は安くなり、長いほど返してもらえないリスクが高まるため、金利も高くなります。しかし、特殊な条件下では逆転現象が起こる場合もあることを知っておきましょう。

金利には2種類ある?

金利には、単利と呼ばれるものと、複利と呼ばれるものがあります。

単利とは、元本にだけ金利が付く仕組みです。元本100万円を単利で1%の金利で、20年間運用するとします。一年後には元本と金利を合計して101万円、20年後で120万円と、金利は元本の100万円のみに付くので、毎年1万円の金利が付きます。

複利とは、元本と金利に金利が付いていく仕組みです。元本100万円を複利で1%の金利で、20年間運用すると、1年後に元本と金利を合計した金額は101万円です。2年後には101万円に1%の金利で合計は102,01万円、20年後には合計122,019万円になります。金利分が元本に組み込まれて、そこに金利が付くので、単利の場合よりもお金が増えています。運用期間が長くなり、金利が高くなるほど運用には大きな差が出るのです。

身近な金融商品も、単利型と複利型に分けることができます。

例えば預金は、普通預金は複利ですが、定期預金には単利型と複利型があります。定期預金の場合には利率は同じでも金利の付き方が違うことがあるのでチェックしましょう。

国債は、個人向け国債と新窓販国債は単利型です。年に2回利子を受け取ることができます。
ほかに外債、外貨建て保険は複利、投資信託は単利型、複利型があります。

ーまとめー

普段あまり気にすることのない金利ですが、実は為替や株価にも密接な関係があります。金利を意識して、金利の動きを注視することで経済の流れなどが見えてくることも。実は奥が深い金利。注目してみるのも面白いのではないでしょうか。

人気の記事

あわせて読みたい