page_top
人気記事ランキング

意外と貯まるつもり貯金!やり方とコツを紹介します

JENNIE 編集部
2018年09月28日

貯金を増やしたいけど、資産運用はなんだかよくわからないし怖い。資産運用以外で貯金が増える方法はないかな?と思ったことはありませんか?

資産運用以外にも、意外と貯まる方法があります。つもり貯金のやり方や続けるコツを紹介します。

気軽にできるつもり貯金

つもり貯金は、食べたつもり、買ったつもり、行ったつもりなど、何かをしたつもりでその分を節約して貯金するという方法です。

例えば、ランチをお店で食べるのをやめ、お弁当を持参してランチ代1,000円を貯金。セールで安く購入した物は、セール前の金額で買ったつもりで差額を貯金。など、今日からでも気軽に始められる貯金です。

ほかにも、つもり貯金の例として、ついついケーキを衝動買いしてしまう人が、ケーキを買うのを我慢できたらケーキ代を貯金、ケーキ屋さんのケーキではなくてコンビニのケーキを買って差額を貯金。懸賞で当選した商品を、購入したつもりで貯金。ポイントやクーポンを使って購入した商品の金額分を貯金。電車やバスを使わずに移動した分を貯金。

このように日常生活のさまざまな場面でつもり貯金ができます。1回の貯金額は少額でも、長く続けることで大金になります。

つもり貯金が失敗してしまう原因

つもり貯金は気軽に始められ、本来使う分の金額を貯金にまわすため、お財布は痛くないはずですが、実際に挑戦して失敗してしまったという方もいるようです。失敗してしまう原因として、効果が少ないこと、目標がないこと、頑張りすぎること等があげられます。

つもり貯金は、本来使うはずだった分の金額を貯金していく方法なので、1回の貯金額は少額です。そのため、我慢したわりにあまり貯まらないと感じて短期間でやめてしまう人がいるようです。

また、いくら貯めたらこれをする!と目標がなかったり、高すぎる目標を設定してしまったりすると、満足感や達成感が薄く、続けることが難しくなります。最初に張り切りすぎてしまい、我慢しすぎた結果、ストレスとなり、続かないといったケースもあります。

つもり貯金を成功させるコツは?

つもり貯金を長く続けて成功させるコツは、ストレスをためないこと、目標を決めること、貯金額を把握すること等があげられます。つもり貯金に限ったことではありませんが、節約や貯金は頑張りすぎたり我慢しすぎたりするとストレスがたまり、やる気がなくなってしまいます。自分ができる範囲を見極め、我慢しすぎずに始めることが大切です。

はじめは達成しやすい目標を設定してみてください。いくら貯めたら一泊旅行する!と自分が楽しめるような具体的な目標を設定することで、楽しみを想像しながら貯金できます。目標を決めたら、貯金額をきちんと把握することも大切です。そのために、つもり貯金専用の貯金箱などを用意しましょう。そうすることで、つもり貯金で貯まった金額の把握がしやすく、達成感も得られます。

我慢と貯蓄のバランスをとり、上手につもり貯金を続けましょう。食べたいものを我慢したりやりたいことを全て我慢したりしてしまうと、できなかった気持ちが残ってしまい、ストレスとなってしまいます。

やりたいことを全てやめてしまうのではなくて、例えば、回転寿司へ行くのをやめて、スーパーのお寿司を買って食べる。映画を見るのをやめ、DVDを借り、高級おつまみやお酒を買って家で楽しむ。など、楽しみを残しつつ、我慢できる方法で工夫し、貯金してみましょう。

ーまとめー

つもり貯金は、楽しんで長く続けることが大切です。ストレスなく、我慢と貯蓄のバランスがとれるようになってくると、これは何かで代用できるかな?と考えることも楽しめるようになります。

つもり貯金に慣れてきたら、目標を高いものに設定すれば、大きな金額を貯金できるかもしれません。
つもり貯金を始めてみようと思う人は、楽しみな目標を具体的に設定し、つもり貯金のモチベーションを高め、楽しんで貯金してみましょう。

人気の記事

あわせて読みたい