page_top
人気記事ランキング

iDeCoについて知ろう!事前に必要な準備や確認事項について解説します

JENNIE 編集部
2018年09月12日

老後の生活資金を増やす方法について調べたことがある方であれば、iDeCoという方法を目にしたこともあるかもしれません。

iDeCoについてなんとなく聞いたことがあるけど、詳しくはわからない、誰でもできるの?実際始めるにはどうしたらいいの?と思っている方へ、iDeCoの仕組みや加入条件、実際に始める前に準備しておくべきことについて紹介します。

iDeCoとは?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、確定拠出年金法に基づき実施される私的年金制度です。60歳まで掛金を拠出、60歳以降に老齢給付金を受け取れます。任意で加入できるので、自分で申し込み、掛金を拠出、運用方法を選択し、掛金と運用益の合計額によって給付を受けられます。

さまざまな税制上の優遇措置が講じられるため、豊かな老後生活を送るためのひとつの方法として活用できます。税制メリットとして、掛金は全額所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減されます。通常の投資信託等では運用益に課税されますが、iDeCoの運用益は非課税です。

給付を受ける際も、選択した受け取り方によって、年金を選択した場合は公的年金等控除、一時金を選択した場合は退職所得控除の対象となります。

誰でも加入できるの?

iDeCoの加入は、確定拠出年金法の改正により、2017年1月から基本的に20歳以上60歳未満の全ての人が加入可能となりましたが、条件によっては加入できない場合もあります。

iDeCoに加入できないのは、
・国民年金第1号被保険者のうち、農業者年金の被保険者、国民年金の保険料納付を免除されている人(障害者基礎年金を受給している人等は加入可能)。
・国民年金第2号被保険者のうち、勤務先で企業型確定拠出年金に加入している人(規約で個人型同時加入を認めていれば加入可能)
となっています。

また、掛金は月5,000円から1,000円単位で設定できますが、加入資格によって拠出限度額が異なります。
・第1号被保険者は月額上限6万8,000円
・第2号被保険者で会社に企業年金がない場合は月額上限2万3,000円
・企業型確定拠出年金に加入している場合は月額上限2万円
・確定給付企業年金と企業型確定拠出年金に加入している場合、確定給付企業年金のみに加入している場合、公務員等の場合は月額上限1万2,000円
・第3号被保険者は月額上限2万3,000円
です。

始める前に準備しておこう!

iDeCoを始める前の準備として、資産運用について、仕組みや注意点、リスクとリターンの関係など、基礎知識を学んでおきましょう。そして、自分にiDeCo加入資格があるのか、ある場合は上限額がいくらなのか確認しましょう。場合によっては、勤務先に企業年金加入の有無やiDeCo加入について確認が必要です。

次に、掛金額を決めます。5,000円から上限額の範囲で、無理なく継続して拠出できる金額を設定します。掛金額は1年に1回変更できますが、60歳になるまで引き出せないことを考慮しましょう。

そして、口座を作る金融機関を選びます。iDeCoの口座は一つしか作れません。資料請求や金融機関へ問い合わせるなど、口座管理手数料の比較、運用商品の比較、コールセンターなどサービス面の比較をして、自分にあった金融機関で口座を開設しましょう。加入申込書類を取り寄せ、記入、必要書類を添付します。会社員や公務員の場合は、会社に証明書を記入、押印してもらう必要があります。

最後に、運用方法を決めます。元本確保型商品と投資信託があり、それぞれの商品で特徴やリスクとリターンが異なります。わからない場合は、選んだ金融機関に相談してみましょう。

準備ができたら、必要書類を提出し、口座の開設を待ちましょう。

ーまとめー

iDeCoは老後の資産形成の一つの方法です。実際にiDeCoを始めるには、決めなければならないことや確認しなければいけないことが何点かあります。資産運用について学び、より豊かな老後の生活が送れるように備えていきましょう。

人気の記事

あわせて読みたい