page_top
人気記事ランキング

お金を貯められない人の特徴は?貯める習慣をつけるコツ

JENNIE 編集部
2018年07月05日

がんばって節約をしているのに思うように貯金が増えない、なかなか貯金ができないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

なぜお金が貯められないのか、また、お金を貯めるには何をしたらいいのかをご紹介します。

お金が貯められない人の特徴は?

お金を貯められない人には、いくつかの特徴がみられます。まずはその特徴を大きく2つに分けて、理由と対策を考えます。

・毎月のお金の流れを把握していない
財布の中身や、その月に使えるお金がどのくらいであるかを把握していないと、使いすぎに気付くことができません。

また、クレジットカードを頻繁に利用する場合は、店によって請求のタイミングが違うため、支出の把握が難しくなります。さらに回数払いや、リボルビング払いなどで支払いを先延ばしにすると、実際の支出額がぼやけてしまう上に、金利によって支払総額が増えるので注意が必要です。

・衝動買いが多い
衝動買いは「必要」だから買うのではなく、「欲しい」から買ってしまっていることが多いものです。特に、新商品や流行りのもの、ブランドものに弱い人は衝動買いをする傾向にあります。セールに弱い人も同様で、「今、買わなければ」という気持ちが先に立って衝動的に買ってしまうのです。

欲しいものなのか、必要なものなのかをしっかり見極めてから買い物をすることが大切になってきます。

まずは目標とルールを決めよう

お金が貯まらないのは、お金を無計画に使ってしまっていることが大きな原因です。反対に、漠然とお金を貯めようとしても、思うようには貯まりません。まずは、何のためにいくらお金を貯めるのかを考えることが必要です。目標や目的を決めることで、お金が貯まる喜びを感じることができ、モチベーションを維持することができます。

また、無理をして節約をしていると節約疲れをしてしまい、その反動で散財してしまうことも考えられます。ストレスなくお金を貯めるには、自分のライフスタイルに合ったルールを決めることが有効。

「毎月の自由に使える金額を決める」「ボーナス1回分は貯金して残りの1回分は自由に使う」などメリハリのあるお金の使い方をすることも大切です。

お金を貯める習慣をつけるコツとは?

お金を貯めるには、支出をコントロールすることが大切です。その上で必要なのが、お金を貯める習慣。ここからはお金を貯める習慣をつけるコツを紹介します。

・先取り貯金
節約をして余ったお金を貯金に回そうと考えている人は、なかなかお金が貯まりません。お金が余らなかったらその月は貯金することができないので、先に貯金する金額を決めてしまい、貯金に充てる方が確実にお金は貯まっていきます。

・500円玉貯金
お財布の中にある500円玉のみを貯金するので手軽に始めることができ、その月のお財布の状況に合わせて貯めるスピードを調節することも可能です。実際にお金を手元で管理するので貯まっていく実感があり、モチベーションの維持につながります。

また、500円玉が財布に貯まるように計算しながら買い物をすることで、ゲームのように楽しみながらお金を貯めることができるのです。

・積立預金を利用する
毎月、一定の金額を決められた日に自動的に積み立てていくシステムです。ほとんどの金融機関で扱っており、自分で金額や積立日を決めることができるので、ライフスタイルや目的に合った貯金ができます。

このほかにも財形貯蓄を利用する、普段利用する銀行口座のほかに貯金用の口座を作るなど、さまざまな方法があります。

ーまとめー

お金は、手元にあればつい使ってしまいます。1,000円単位くらいで月々の収支を把握することが大切です。また、使いすぎてしまう誘惑に勝てるモチベーションを維持するために目標や目的を定め、無理せず計画的にお金を貯める習慣を身につけましょう。

人気の記事

あわせて読みたい