page_top
人気記事ランキング

株を始めるなら証券会社はどこがいい?選択のポイントは?

JENNIE 編集部
2018年05月17日

株を始めてみたいけれど、たくさんある証券会社の中からどの証券会社を選んだらいいのかわからない、とお悩みの方は多いのではないでしょうか。株式投資の最初の一歩、証券会社選び。どんなところに着目して証券会社を選べばいいのでしょうか。

証券会社選びのポイントと、人気の証券会社をご紹介します。

証券会社を選ぶポイントは?

株式投資のスタートは、証券会社に口座を開設することです。

証券会社と一口に言っても、たくさんの証券会社がそれぞれ違ったサービス内容を展開しています。どの証券会社を選ぶかが、その後の株式投資に大きく影響することもあります。それでは、どんなところに注目して証券会社を選べばいいのでしょうか。

最初に考えたいのは、手数料です。株の売買には、株式売買手数料がかかります。これは売買の度にかかる手数料なので、株式投資において非常に重要なポイントになってきます。

たとえば10万円の株を売買するとして、ある大手証券会社で手数料1000円、あるネット証券会社では手数料80円といったように、証券会社によって手数料がまったく違うのです。こうした1回ごとの手数料プラン以外にも、1日に何回取引しても手数料が変わらない1日定額コースなどもあるので、自分がしようとしている株式投資のスタイルに合った手数料のプランがある証券会社を選ぶことが大事です。

そして、証券会社によって、ほとんどのものが無料で使えるトレードツールがあり、これも証券会社選びのポイントになります。証券会社によってさまざまな工夫を凝らしたものになっており、使いやすいトレードツールの証券会社を選ぶことも必要です。

また、初心者向けの勉強会やオンラインセミナーを無料で受講できる証券会社もあります。初めての株式投資で不安が多いという方にとっては心強いシステムです。株以外にも、投資信託や国債など、他の金融商品にも興味があるという方は、その証券会社にどんな取扱金融商品があるのかもチェックしておきましょう。以上のようなポイントを踏まえて、自分に合った証券会社を選ぶといいでしょう。

とはいえ、自分ですべてを比較していくのもなかなか大変です。ここからは人気の証券会社をご紹介していきます。

人気の証券会社(1)SBI証券

ネット証券最大手で、取引口座数が410万以上と、2位以下を大きく突き放しているSBI証券。それだけ多くの人に選ばれるだけあって、手数料、サービス、取引商品のどれも平均以上といえます。1日の取引金額が10万円までの売買手数料が無料になるプランがあり、小口の取引の売買手数料が安いので、一度に大きな取引をせずこつこつと売買をする方には特に向いています。

SBI証券の企業情報検索はスクリーニング機能がついており、株式投資に必要な情報が数値を入力するだけで得られ、しかも無料です。取扱商品も豊富で、海外ETFの取り扱いもあります。株以外の投資にも興味がある方も満足のラインナップです。

人気の証券会社(2)楽天証券

楽天グループということで、取引などで楽天ポイントが貯まり、さらに楽天ポイントで投資信託の購入ができるなど、楽天ならではのサービスがあります。その他のサービスの内容や手数料、取扱商品はSBI証券とほぼ同様です。

いちにち定額コースでは1日の取引金額10万円以下は手数料が無料となります。また、必要な情報がわかりやすく表示され、個人向けトレードツールとして高い評価を受けている、多くの投資家から人気のトレードツール、マーケットスピードが無料で利用可能です。

人気の証券会社(3)松井証券

松井証券は、1日の約定代金10万円までは手数料無料ですので、少額から株取引を始めたい初心者の方も安心です。また、松井証券のNISA口座は現行制度が続く限り、株式取引手数料は恒久無料となっています。

初めての方でも投資をスタートしやすい環境がつくられています。QUICK社の企業分析情報を無料で読むことができ、200銘柄を登録できる自動更新の株価ボードなども松井証券なら無料で使うことが可能です。

ーまとめー

初めて株式投資をスタートする際は、自分がどういう取引をしようと考えているかを明確にして、それに合った証券会社を選びましょう。

証券会社を1つに絞らず、いくつかの証券会社に口座を開設してそれぞれのサービスをすべて利用している投資家の方も多いです。まずは興味のある証券会社をいくつかピックアップして株式投資を始めてみるのもいいかもしれません。

人気の記事

あわせて読みたい