page_top
人気記事ランキング

ビットコインへの投資はどう?仮想通貨投資のメリット・デメリット

JENNIE 編集部
2018年03月27日

仮想通貨の一つであり、知名度の高いビットコイン。1度はビットコインに投資したいと考える人もいるのではないでしょうか。実際のところ、ビットコインなどの仮想通貨はどうなのでしょう。

そもそもの仮想通貨のメリット・デメリットから仮想通貨のうちビットコインに投資することを考えてみましょう。

仮想通貨投資のメリット

なぜ仮想通貨投資が注目されるのでしょうか。仮想通貨のメリットから、人気の理由をみていきましょう。

・365日少額からの投資ができる
仮想通貨交換所がメンテナンス中の日を除き、基本的に仮想通貨は24時間365時間取り引きが可能な通貨です。さらに0.001BTC(2018年2月時で1,000円程度)の少額から始めることができ、個人で始めやすい環境にあります。

・大きな利益が得られる可能性がある
ビットコインが何十倍にも膨れ上がったと注目されるように、仮想通貨の投資はうまくいけば大きな利益を得られる可能性があります。一発逆転を狙える通貨です。

・インフレに強い
日本円やアメリカドルなど国の運営する通貨は、国の経済状況に影響されやすく、インフレ時は円安になってしまいます。ハイパーインフレと急激に物価が上昇するような状況になった場合、財産の価値は大きく落ちてしまうのです。そうしたとき、国の経済に左右されない仮想通貨があれば逃げ道をつくることができます。

・送金の自由度が高い
仮想通貨はそもそも国境がありません。そのために送金の自由度が高く、国際送金よりも手軽に海外へ送金することができます。

・マイニングができる
仮想通貨には運営主体がなく、ネットワーク上で管理するようになっていますが、健全な運用のためには膨大なデータの記録と整合性の確認が必要となります。しかしデータが膨大なため数台のコンピュータでは追いつきません。

そこで活用されているのがマイニング。利用者がスペックの高いマイニング環境の整ったパソコンを提供して膨大な計算を手伝うことです。マイニング提供者は、見返りに仮想通貨を受け取ることができます。

仮想通貨投資のデメリット

仮想通貨投資にはさまざまなメリットがあるものの、仮想通貨特有のデメリットもあります。デメリットまで知って、仮想通貨への理解を深めましょう。

・資産が減るリスクがある
仮想通貨は大きく資金が増える可能性がある一方で、資産が減るリスクもあります。リスクが高いことを承知で購入する勇気が必要です。

・実際は投機的な仮想通貨
仮想通貨の価値は、急に上がったり、あるいは下がったりと安定しないことが多く、投資というよりは投機的な側面があり、先行きが不安定なのです。

・国による保証がない
仮想通貨の運営はコンピュータネットワーク上で行われています。国や中央銀行が介入する日本円とは違うため、誤って送金をしても、悪質業者に資金を持ち逃げされてもすべて自己責任となります。保証を受けることはできません。

・セキュリティや取引所破綻リスクもある
ほかにも懸念されるのがセキュリティの問題です。大手取引所でも仮想通貨の流出事故が発生しています。インターネット上の取り引きだからこそ安心できない部分もあります。また、取引所破綻により資産を失う可能性もゼロではありません。

ビットコインへの投資はメリットがある?

世界には1000種類もの仮想通貨が存在しているといわれていますが、そんな数ある仮想通貨の中でも知名度がとびぬけて高いのがビットコインです。ビットコインは他の仮想通貨と比べて利用できる店舗なども増えており、使い勝手の良さが違います。仮想通貨なので投機的な部分もありますが、他の仮想通貨と比べると利用者が多いことからやや安定しており、はじめてでも投資しやすいです。

ビットコインへ投資する場合に考えたいのが短期投資にするか、長期投資にするか。ビットコインへの短期投資は数日単位で行うことが多く、すぐに資産として確定できる点にメリットがあります。

一方長期投資は、短期的に売買するのではなくずっと保有して大きく値上がりしたときに売る方法。ビットコインの値動きにいちいち振り回される心配がありません。いずれにしても、自分に合った投資法で進めるのがおすすめです。

ーまとめー

価値が急激に上がったと注目されるビットコインなどの仮想通貨ですが、2018年1月の急激な価値の低下が起きたように突然価値が暴落するリスクもあります。仮想通貨投資を始めたいなら、メリットばかりでなくデメリットもしっかり頭に入れてからスタートしましょう。

人気の記事

あわせて読みたい